(※写真はイメージです/PIXTA)

「合格には“基礎固め”が重要」…これは医学部を始めとする難関大受験でよく聞くアドバイスですが、知っているつもり・実践しているつもりになってはいませんか? 医学部合格に不可欠な基礎的学力とは何か、自分自身の“基礎固め”のイメージと相違はないか。また、なぜ医学部合格の必須条件となるのか。医学部専門予備校「京都医塾」の著書『偏差値40からの医学部逆転合格』(ラーニングス株式会社)より一部を抜粋し、解説します。

 

医学部合格への最短距離かつ必須条件、「絶対基礎」

「難関の医学部受験とはいえ、たくさん受験すればどこかに引っかかるのではないか」と考えている方もいますが、最初に申し上げておきます。医学部受験には「数撃ちゃ当たる」は通用しません。

 

医学部に合格するために必要なのは【絶対基礎】です。

 

【絶対基礎】とは、京都医塾オリジナルの言葉で、ひと言でわかりやすく言えば「小学校から高校修了までの範囲の基礎的な学力」のことです。絶対基礎は、医学部合格のために必要不可欠なものであり、どこかに穴を残したままでは、どの医学部にも合格することはできません。

 

この絶対基礎は、学校の授業をしっかり聞いていれば完璧になるのかといえばそうではありません。例えば数学や物理でいえば、公式を覚えていることはもちろん必要ですが、形だけのいわゆる「丸暗記」では意味がありません。その公式に使われている文字が何を表しているのか、その公式を使える前提となる条件、それぞれの用語の定義や意味などを理解することが肝心です。

 

「私は基礎を大事に、参考書の基本例題からやっています」という受験生も大勢いらっしゃると思います。しかし、実際数学が苦手だという受験生の相談を受けると、基本例題の解法パターンを丸暗記しているだけで、その根底にある要素の理解をすっ飛ばしており、そのせいで設問の表現や前提条件が少し変わるだけでまったく解けないという状態に陥っていることがほとんどです。

 

絶対基礎がしっかり定着していない状態でいくら過去問を解いても、あるいは、人気の参考書を買っても、それは無駄な努力というものです。

過去問を解く前に「絶対基礎」を身につけろ

医学部受験の合格の指標は、偏差値65。この偏差値は、京都大学の医学部を除く理系学部とほぼ同じレベルです。

 

よくある受験の勉強方法として取り上げられるのが、その大学の過去問などをひたすら解き、傾向を掴んで乗り越えようというものですが、そんなことをしても実はダメで、その方法が通用するのは、そもそも絶対基礎をきちんと持っている人に限ります。絶対基礎がない人は、その大学の過去問を何十年解き進めても、合格に必要な学力レベルに到達しません。

絶対基礎を固めれば“合格に必要な点数”を取りに行ける

絶対基礎の重要性を理解していただくために、70%の得点が合格ラインの大学の入試を例に、得点イメージをお話しします。

 

絶対基礎を固めると、設問の約40%を占めることが多い基礎から標準の問題は確実に得点できます。そして、残り約60%の発展から応用の問題のうちの半分、約30%の問題は受験生が手をつけにくい難問であったり、時間がかかる問題であることが多いです。ということは、勝負となるのはそれ以外の約30%の発展から応用の問題。これは絶対基礎を組み合わせることで戦える問題なので、この部分の得点をどれだけ伸ばせるかという勝負になります。

 

つまり、絶対基礎を固めることで、基礎から標準40%+発展から応用の半分30%=約70%の得点を確保すれば、合格ラインに到達する可能性があるということです。これを確実にすることで、安定的に得点できるようになります(図表)。

 

出所:京都医塾著『偏差値40からの医学部逆転合格』(ラーニングス株式会社)
[図表]絶対基礎の重要性 出所:京都医塾著『偏差値40からの医学部逆転合格』(ラーニングス株式会社)

 

もちろん、制限時間内に解くべき問題とそうでない問題を判断することが重要となることは言うまでもありません。

 

最終的には、各大学が持つ独自の傾向に応じてチューニングしなければなりませんが、まずは絶対基礎を確実にすることが、医学部合格の最短距離であり必須条件です。

 

 

医学部専門予備校 京都医塾

 

「教育は、一人のために生まれる。」を企業理念に、圧倒的合格率で「偏差値40からの医学部受験合格」へ導く医学部専門予備校。京大出身の社員講師を中心に全国に校舎を増やさず、京都にしかない独自の教育サービスを展開。

医学部の受験競争が激化し、合格には偏差値65以上が必要と言われるなか、入塾選抜テストを行わず、偏差値40台から受験勉強をスタートした生徒を毎年合格させている。

 

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、医学部専門予備校 京都医塾の著書『偏差値40からの医学部逆転合格』(ラーニングス株式会社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    偏差値40からの医学部逆転合格

    偏差値40からの医学部逆転合格

    医学部専門予備校 京都医塾

    ラーニングス株式会社

    必死に勉強して、受験対策もして、過去問も沢山解いた。でも、思うように成績が伸びない、医学部受験に受からない…。そんな悩みをお持ちの受験生や保護者の方が増えています。医学部でも私立なら受かりやすいと言われていたの…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ