高金利が続いたとしても「レバナス投資」に躊躇する必要が全くない理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

レバナスは「取り扱い注意」のリスクにより、肯定・否定が分かれる金融商品です。本書は、チャンネル登録者数6万人の投資系YouTubeを運営する著者が、単なる思い込みや偏見、感情論からはきっぱりと一線を画し、「なぜレバレッジNASDAQ100を使った資産形成には、他の投資対象より優位性があるか?」 を理路整然と、詳細なデータやシミュレーションを交えながら解説します。

高金利時代は長くは続かない?

先物取引を利用し、為替ヘッジも行うレバナスは、短期金利の影響を色濃く受けます。低金利の時は無類の強さを発揮しますが、高金利の時はパフォーマンスが押し下げられます。

 

それでは、これから金利はどうなるのでしょうか?

 

2022年は空前絶後の急ピッチで利上げが行われていますが、インフレが落ち着けば、もう少し緩和的な政策に変更されるでしょう。政策金利は長らく右肩下がりが続き、直近10年で3%に届いたことは一度もありません。

 

2019年には2.3%台まで上がりましたが、その水準は1年も持ちませんでした。クラウドネットワークが発展しつつある現代のマネーフローは過去に比べて、ケタ違いに速く、高金利政策を続けにくい経済構造になっていると考えます。

 

簡単に言うと金利が高いと、急激に経済活動が鈍化してしまうということです。さらに米中覇権争いから見ても、米国は超長期的にドル安・低金利・株高政策を継続せざるを得ないと私は考えています。

 

中国に対抗するためにも、米国は経済・技術・軍事面において、その影響力を低下させるわけにはいきません。米国が中国に勝る国力を維持し続けるうえで、ドル高や高金利が続くことは好ましくありません。なにせ相手は為替操作国ですから。中国は経済力と技術力が脆弱だった旧ソビエト連邦よりも手ごわい相手です。

 

超高金利を続けられた70年代、80年代の冷戦時代と今とでは、国際的な政治情勢がまったく異なる、と考えたほうがいいでしょう。1980年代に当時のポール・ボルカーFRB議長が実施した超高金利政策は、FRB自体が「誤った金利政策だった」と認めていますからね。

 

確かにこれから政策金利が4%程度まで上昇することも十分考えられますが、それが何年も持続可能なほど、マーケットが待ってくれるとは思えません。ひとたびリセッションになれば、たちまち金利は引き下げられるので、逆にレバナスにとっては追い風なのです。

あなたにオススメのセミナー

    投資家

    関西在住のサラリーマン投資家。1978年生まれ。レバナスが登場したとき、「毒物」のごとく「危険扱い」される風潮を疑問視。通常の投資信託と比較して、多くのシミュレーションを重ねた結果、レバナスは、1.お金持ちといえない人、2.全世界・米国インデックス以上のリターンを求める人、3.積み立て投資をスタートするのが遅かった人、に「最適の投資法」と分析。YouTubeチャンネル『風丸レバレッジ投資チャンネル』やTwitterでは、レバナスの成果を最大化するためのノウハウ、知見、経済情勢を発信中。

    著者紹介

    連載最強・最速・最短の根拠を論理的に解き明かす「レバレッジ投資運用」

    ※本連載は、風丸氏の書籍『米国株「レバナス」投資 月1万円の積み立てから狙う“悪魔的リターン” 』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    米国株「レバナス」投資

    米国株「レバナス」投資

    風丸

    KADOKAWA

    レバナスは「レバカス」…だと? 読んだあともそう言える? 日本初のレバナス本となる本書は、メリット・デメリット含め、中立的に解説します。 「YouTubeはエンタメ。だから、論争相手をコキ降ろしたりしてます。でも、本…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ