被相続人の妻「お金は払いたくない」…親族と裁判所を巻き込んでたどり着いた「最悪の結末」【弁護士の実録】 (写真はイメージです/PIXTA)

家族や親戚など身近な人を失った際、悲しみにふけることもままならず相続トラブルに巻き込まれてしまうケースは後を絶ちません。いったいなにが原因なのでしょうか。今回は、アイリス仙台法律事務所の関野純弁護士が実際に経験した、「自宅の名義変更」の手続きを怠ったことが原因で悲惨な末路をたどることとなったAさんの事例をみていきます。

自宅の名義変更を忘れ…Aさんを襲った「悲劇」

ある日弁護士である筆者は、相談者(Aさん)から、「老人ホームに入居したいので自宅を売却したい」という相談をお受けしました。しかし、Aさんの背景について詳しく伺ってみると、なにやら複雑な事情があることが明らかになったのです。

 

Aさんの夫は去年亡くなり、妻であるAさんは悲しみに暮れる日々を送っていました。

 

そんななか、自宅の名義はもちろん亡くなった夫のものであると信じて疑わなかったAさんでしたが、この度登記簿を確認したところ、30年以上前に他界した夫の父(義父)名義であったことが判明。

 

本来は、義父が亡くなった際に、遺産分割をしたうえで夫の名義にしておくべきだったのですが、その手続き(話し合い)を怠っていたことで、Aさんは大変な状況に陥ることになってしまったのです。

 

「相続人調査」で明らかになった驚きの相続人の数 

夫は長らく兄弟との交流を疎遠にしていたこともあり、Aさんは、いま夫の兄弟のうち誰が存命しているかもよくわかっていませんでした。夫の葬儀にも呼べずにいたほどです。

 

そのため、まずは相続人を確定させるために「相続人調査」を行いました。
※ 相続人調査:故人や相続人の戸籍を取得し、相続関係図を作成すること。

 

すると、そもそも義父には前妻がおり、前妻とのあいだに子ども(夫の腹違いの兄弟)がいたこと、また夫の兄弟のうち何人かは亡くなっており、複数の代替わり(数次相続といいます)が発生していたことがわかりました。相続人は、Aさんを含め、総勢で10名を超えていたのです。

 

Aさん(正確にはAさんとその子ども)の相続分は、自宅が義父名義ですから、夫がもともと持っていた相続分になりますので、全体の2割程度に過ぎません。Aさんが自宅を単独取得できるかどうかは、この段階では判断がつきかねます。

 

【※2月1日・3日 開催セミナー】
【中東大手ディベロッパー来日】
前年取引高76%上昇!1スクエアフィートあたり28%上昇!
世界が注目する「ドバイ不動産」最新動向

あなたにオススメのセミナー

    アイリス仙台法律事務所 代表弁護士

    2005年司法試験合格。司法修習を経て2007年弁護士登録(仙台弁護士会)。2011年現事務所を開設。
    多数のセミナーや大学講師の経験を活かし、分かりやすい説明に定評がある。
    相続問題に関して地域トップクラスの実績を持ち、粘り強く親身な対応で依頼者をバックアップする。
    現在、家庭裁判所で家事調停官(非常勤)としても勤務する。

    アイリス仙台法律事務所(https://sendai-law-souzoku.com/
    仙台市青葉区国分町1丁目7-18-3階

    著者紹介

    連載関野純弁護士の事例でわかる相続トラブル解決戦略

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ