株式投資で「月次データ」を活用するメリットとは?

本連載は、証券アナリスト・有賀泰夫氏の著書『やり方さえわかれば、初心者でも株式投資で確実に勝てる』(日本食糧新聞社)の中から一部を抜粋し、株式投資で勝つための「月次データ」の活用法をご紹介します。

株価は「業績に先行する」といわれるが・・・

第一回目として、月次データを利用することになぜメリットがあるのか? ということについて解説します。

 

株価はよく、業績に先行するといわれます。確かに株価は、まるで業績を読むかのように業績より先に動いているふうに見えるケースが多いものです。しかし、株価は決して未来を予知しているわけではありません。売り買いしているのは人間ですから、日々の出てくる情報を織り込んでいるだけです。

 

しかも、常にその情報を正しく織り込んでいるわけではありません。株価は、単に表面化した現象と同時進行しているだけです。ところが、業績は終わってから発表までに時間がかかります。たとえば、3月決算の会社であれば、通期決算は4月末から5月半ばに発表されます。すると、第4四半期決算の最初の月、つまり1月に起こったことも、決算として発表されるのは、3、4カ月遅れになります。

 

一方、月次であれば、早い会社では1月の月次は2月初め、2月の月次は3月の初めに発表されます。この月次を見ておけば、かなり高い確率で、企業の次に出てくる四半期業績は予想がつくのです。だから、月次を発表する会社の場合、株式投資という観点からは、決算は残りかすのようなケースもあります。

 

しかし、日経新聞などの報道機関は、業績をことさら取り上げます。その結果、マーケットの参加者も月次は見ていなくても、業績は見ています。でも、その業績はもうほとんど株価に織り込まれていたりします。月次の後追いになるのですから当然でしょう。

 

ただし、ユニクロ=ファーストリテイリング(9983)のような注目度の高い会社の場合、月次データが公表されると新聞が記事にします。そして、好調であれば買われて、不調であれば売られるということもしばしば起こります。

 

月次が発表された時点では、その月次データが反映される業績はまだ発表されていないわけですから、結果的に業績より先に月次データで株価が動いてしまうこともあります。そのような会社の場合、月次データを見ていても、人より先に動くのは難しいかもしれません。

「月次データ」活用で運用成果がプロを上回ることも!?

みなさんは、業績は見ているけれど、月次を見ていないという会社がありませんか? そうであるとしたら、株が当たらないのが納得できることでしょう。でも、そんな人はあなただけではありません。まだまだ、たくさんの人がいるわけです。だから月次データを見ていれば、本当に株価が読みやすいというわけです。

 

私はプロのアナリストとして、30年間株式投資と関わってきました。私の頭の中では、当然月次データは株価に織り込まれているだろうという、思い込みがありました。ところが実際、月次データを注意深く見始めてみると、月次データで当然わかることも、株価は業績が発表されてからあわてて動くケースが頻繁に起こります。

 

実は、多くのプロも私同様月次を軽視している人が多いのです。実際に使ってみて、私自身が目からウロコでした。もちろん、月次データを発表しない会社では当然月次は使えませんし、月次を発表していても、業績との連動性が低い業種、低い会社もあります。

 

この連載では、どういった会社の月次が役に立つかも解説します。月次データを見ることはむしろ業績を見るより扱いやすいという面では、月次データのフォローは初心者向きとさえ言えます。それなのに運用成果では、プロを上回ることさえあるのですから、月次データを使った投資法を覚えない手はありません。

 

株式投資をやるならまずは、月次データのフォロー。これに尽きます。次回からは、具体的に月次データで典型的に儲かった例を示してお話ししたいと思います。

証券アナリスト(日本証券アナリスト協会検定会員)

埼玉大学理工学部生化学科卒業。新日本証券に入社(現みずほ証券)。クレディ・リヨネ証券、UFJキャピタルマーケッツ証券、三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)などで、食品、飲料、卸売業のアナリストとして活躍。特に卸売業のアナリストとしては第一人者。2009年H&Lリサーチ設立。代表。現在は食品、食品卸、外食、小売り、ネット企業など幅広い銘柄をカバー。日経人気アナリストランキングで常に上位をキープし続ける。株式会社アドバンスト・リサーチ・ジャパンマネージング・ディレクター。

著者紹介

連載株式投資で勝つための「月次データ」活用法

本連載は、2016年5月10日刊行の書籍『やり方さえわかれば、初心者でも株式投資で確実に勝てる』(日本食糧新聞社)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

やり方さえわかれば、 初心者でも株式投資で確実に勝てる

やり方さえわかれば、 初心者でも株式投資で確実に勝てる

有賀 泰夫

日本食糧新聞社

投資家の多くは、株式の本質を知らないで投資し、単なるギャンブルと化していますが、株式投資はギャンブルではありません。本書は、株式投資の入門書ではありませんが、株式投資のことを知らない方でも、どうすればいいかがわ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧