日本人は気づいていないが…「日本がナンバーワンの時代」が復活するといえるワケ【ストラテジストが解説】

日本人は気づいていないが…「日本がナンバーワンの時代」が復活するといえるワケ【ストラテジストが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

米国の圧倒的な存在感、中国の急伸……これに対し、日本は経済が停滞していると、当人である日本人が一番危機感を覚えています。しかし、日本がナンバーワンの時代は今後復活すると、ストラテジストの菅下清廣氏はいいます。なぜなのでしょうか、みていきます。

アメリカは繁栄のピークから衰退へ

アメリカはいま繁栄のピークへ向かっている。これはイノベーション、ネット革命で、アメリカの繁栄が続いていましたが、もしかしたら米国株式市場はもう天井をつけたかもしれない。ナスダックは2021年の11月19日の高値で天井をつけています。

 

アメリカはこの2、3年、ものすごいIPOによる株高ブームでした。仮想通貨ブームもあった。このため、大金持ち、資産家の富がますます膨らんだ。所得上位1%ぐらいがアメリカ全体の富の30%ぐらいを占めていて、そのかわり生活困窮者が増大している。トランプ大統領が登場したのは、そうしたアメリカ社会の分断が進んでいるからです。

 

ところが、失業率は下がっている。ただし、統計にははっきりとは出ていないが、貧困者は増えている。なぜなら、フードスタンプをもらう人が増えている。教会でご飯をもらう人たちがどんどん増えているようです。

 

また、ジョー・バイデン大統領になってから中南米からの難民がどんどん入ってきている。アメリカは、格差の拡大が社会不安を増大させています。

日本がナンバーワンの時代が復活する!?

日本はこれからデジタル産業革命が進行する。デジタル産業革命が進行して、大円安時代の到来で、デフレを脱却して日本復活。ジャパン・アズ・ナンバーワンが再び。こちらは楽観シナリオです。

 

世界のお金持ち、世界のマネーはどんなところにお金を移すかというと、第一にお金が増えるところです。それがいままではアメリカだった。アメリカでお金が増えないとなると、ほかに増える国へ移そうということになる。それはどこか。いままではアメリカの次は中国でした。しかし、これからは中国が必ずしもお金の増える国ではなくなる。むしろ財産が全部なくなるかもしれない。米中対立の新冷戦で日米欧のマネーは中国から、むしろますます流出するでしょう。

 

そうなると、危ない国、増えない国に預けるよりも安全な国に預けようとなる。安全な国ということでは日本が第1です。しかも日本の個人資産1000兆円がこれから動き出す。資産インフレの時代に突入です。そうなれば、私が数年前から言っているように「ジャパン・アズ・ナンバーワン再び」が現実のものになる。

 

ところが、日本人だけはまだぴんと来ていない。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」なんかありえない、日本はだめだと思い込んでいる。というのは、マスコミ、メディアがそういう情報ばかり流しているからです。

 

日本で資産バブル、資産インフレになって、日経平均が4万円を突破したら、みんな日本株に来る。前述の2035年ころまでには、波動から見て日経平均株価が8万円になると私は思っています。だから、日本復活の可能性が高くなっている。

 

EUはウクライナ戦争の影響をもろに受ける。このままではだめなので再編、再構築すれば立ち直るかもしれない。そして、長らく続いているゼロ金利からの脱出、脱デフレに成功すればヴィックス(VIX)などの信用が回復する。実際に、リーマン・ショックのあとに国債デフォルトを起こしたギリシアが、50年物の国債を出したら買いが殺到したようです。

 

中国はますます台頭してきて、いま新冷戦構造になろうとしている。一帯一路でアジアの中華圏は拡大。経済軍事大国へ。ここまでは楽観シナリオです。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ「岸田ビジョン」は挫折するのか

本記事は、菅下清氏の著書『史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え! 大円安・インフレで1000兆円が動き出す』(徳間書店)から一部を抜粋し、再編集したものです。

史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え!

史上最強の資産インフレ相場で大化けする日本株を買え!

菅下 清廣

徳間書店

いよいよデフレが終わり、2023~2025年のゴールデン・サイクルの波に乗って日本は資産インフレで空前の好景気を迎える 日本の大復活する株30銘柄を紹介 アメリカのニューヨークダウは、2022年4月から5月にかけて8週連続で…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録