起業して5年で年収1,000万円を稼げるようになるための仕事獲得の方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

今の仕事に楽しさややりがいを感じられない人におすすめなのが「起業」することです。35歳で独立して「ひとり社長」となり、起業20年目にして年商1億円に迫る勢いの松尾昭仁氏が、著書『ひとり社長になっていきなり年収を650万円にする方法』から、ひとりで起業して成功するための秘訣について解説します。

最初の2年間は我慢の時…しかしひとり社長はレバレッジが効いて50代の平均年収をはるかに上回る現実

「ひとり起業といっても、苦労なく稼げるはずはないのでは?」と聞かれることがあります。実際その通りです。ただ、投資のように考えて下さい。

 

投資には、ローリスクハイリターンのような商品はありませんよね?

 

リスクに見合ったリターンを得られるのが投資です。不動産投資のように、ハイリターンを得たいのであれば、大きなリスクが付きまといます。ノーリスクで大きく儲かる投資商品は存在しないのです。

 

起業も一緒です。勝負をしなければ、リターンは望めません。そして、同じように、リスクを上げれば、大きなリターンを得られる可能性があります。

 

ひとり起業というのはまさに、低リスクで始めて、堅実なリターンを得ることができる起業法です。

 

では、リターンを得られるまでにどのくらい時間がかかるのか?

 

だいたい2〜3年で、会社員時代の年収に戻り、その後、4年目くらいで年収650万円を超え、5〜7年目くらいで、1000万円を超えていく人が私の周りでは多いです。

 

さて、ここで私の話をさせて下さい。

 

私の起業1年目は、インプットに7割近くの時間を割きました。どうやって食べていくかをしっかりと見定めるために、ビジネス書を購入して読み漁りました。

 

そして、ビジネス系のセミナーにもたくさん出席し、自分のビジネスモデルを築くためにロールモデルとなる先生を探しました。人脈をつくるために、懇親会にも積極的に参加しました。

 

たくさんインプットするなかで、一つのビジネスアイデアが浮かんだのです。

 

それは、セミナーをやろうとする士業の方に向けて、「セミナーのやり方」「セミナー開催ノウハウ」を教えるコンサルタントになるということです。

 

ですから、セミナーはどういった形で開催されているのかなどつぶさに見て勉強しました。そして、セミナー運営のノウハウをためていき、次年度で売るためにパッケージ商品にしていったのです。

 

起業するために、中小企業診断士やMBAなどの専門的な知識を年月をかけて勉強する人もいます。たしかにそれも悪くはないのですが、起業家になるために資格はいりません。必要なのは実績ですから、そのためにもセミナーなどに参加して成功パターンを見てインプットするのが、一番の近道です。フットワークを軽くして、日々成功パターンを見続けましょう。

 

会社員を辞めたら早く稼がなくてはという気持ちも分かりますが、研究は絶対に必要ですし、勝利の方程式もつくっておかなくてはいけません。

 

1年目に市場調査を徹底して行い、2年目から収益を上げるために全力投球していきましょう。

あなたにオススメのセミナー

    ネクストサービス株式会社 代表取締役

    士業や各種コンサルタント、起業家を商業出版やメディア露出で支援する戦略プロデューサー兼、コンサルタント。祖父は戦前、満州にて百貨店、自動車販売会社を経営。父は45年続く建設会社の創業社長という起業家の家系に育つ。大学卒業後、業界大手の総合人材サービス企業を経てコンサルタントとして独立。自身が企画し講師を務めるビジネスセミナーの参加者は延べ1万2000人超え。

    著作は28冊。中国、韓国、台湾、タイでも翻訳出版されている。出版プロデュース実績は300冊越え。クライアントは医師、弁護士、税理士、政治家、会社経営者、自営業者、公務員、会社員、主婦、フリーターなど幅広い。

    京都女子大学などの高等教育機関、東京商工会議所をはじめとする各種団体、リクルート社、明治安田生命、SMBCコンサルティングなどの民間企業より、講演、セミナー、研修依頼を受ける講師であり、テレビ、ラジオ、新聞、ネット媒体隊からの取材も多い起業家。

    趣味はラン&ラーメン。ラン(ジョギング)は月間100キロ走が目標。ラーメンは年回100杯食す。2019年12月ハワイホノルルフルマラソン(42.195km)完走。

    『1万2000人を見てわかった! お金に困らない人、困る人』(集英社)、『誰でもビジネス書の著者になれる!出版の教科書』(秀和システム)、『1万人を見てわかった 起業して食える人・食えない人』(日本実業出版社)、『ビジネス書の著者になっていきなり年収を3倍にする方法』(自由国民社)など。

    著者紹介

    連載ひとり社長になっていきなり年収を650万円にする方法

    ひとり社長になっていきなり年収を650万円にする方法

    ひとり社長になっていきなり年収を650万円にする方法

    松尾 昭仁

    自由国民社

    ひとり社長になって、どのように稼いでいけばいいのか、 ひとりで事業を回し、年商をあげてきた著者が教えます。 年収が上がらないのはなぜか? いきなり会社を立ち上げるべきか? ひとり社長になった後どうやって稼げば…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ