IT人材不足の日本企業…DX推進のために「DX人材」は社内で確保すべき?

DXを推進するためには人材の確保が必要不可欠ですが、日本企業のIT人材不足は早急な問題です。企業はDX推進のための人材を社内で確保すべきなのでしょうか? DXの基本とともに解説していきます。

 

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

「DX」という略語について

「DX(ディー・エックス)」という言葉をよく見聞きするようになりましたが、そもそも一体なにを指しているのか、通常のデータ活用やデジタル化とどう違うのか、基本的なことを聞きたいけど誰に聞いてよいのかわからない、と感じられている方も多いのではないでしょうか。そこで、あらためて「DX」とはなにを指す言葉なのか、企業における「DXへの取り組み方」等についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

まず、基本中の基本である「DX」という略語の説明から始めたいと思います。日常生活では様々な英語の略語を目にしますが、「X(エックス)」が含まれた略語も少なくありません。たとえば、「FX(Foreign Exchange:外国為替証拠金取引)」、「CX(Customer Experience:顧客体験)」といった具合です。

 

従来の略語では「X(エックス)」は「ex」を示すことが多かったように思います。あるいはCEO、CFO等をまとめて表す「CXO」の場合は、「X」の部分にはさまざまな文字が入る“ワイルドカード”という使われ方をしています。

 

ここで「DXはDigital Transformationの略で、exでもワイルドカードでもないじゃん……」と疑問に感じられた方もいらっしゃると思いますが、これには理由があります。「Transformation」の接頭辞の「Trans-」は「Across」と同じ意味であるため、英語圏での省略表記ではもともと「X」を使うという習慣があるのです。そのため、「Digital Transformation」の略語が「DX」となったわけです。

 

同様の使われ方はほかでも確認されています。Webサイトを検索していただくとわかりますが、「QX(Quantum Transformation:量子コンピュータによる変革)」、「VX(Virtual Transformation:仮想現実による変革)」、「GX(Green Transformation:脱炭素社会実現のための変革)」等、多くのシーンで使われていることがわかります。

 

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

HOUSEI株式会社 DX推進室室長

早稲田大学卒業後、印刷CAD系ベンチャー企業に入社。プロダクト企画・プロダクト開発管理を担当。
その後、複数のベンチャー企業で、エディトリアル・デザインシステム、ブライダルプランKIOSK、印刷工場管理システム等の開発、ネット印刷ベンチャーCOOを経て、2008年HOUSEI入社。
電子書籍事業、プロダクト開発などを担当した後、2020年よりDX推進室長として顧客業務のDX化推進のための提案活動を行っている。

著者紹介

連載日本企業のDXの実情をグローバル企業が解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ