会議での「たぶん許可が取れない」「まだ早い」という発言。議論を深めているか?妨げているか?専門家の意見

日本の中小企業の倒産件数は2016年以降、毎年4万件を超えています。中小企業が時代の変化に適応し存続していくポイントは、大企業の下請けから脱却し、主体的に地域創生に介入していくことです。少子高齢化に人口流出…。地方が抱える課題にこそビジネスチャンスが埋もれていると指摘する、「宮崎中小企業大賞」受賞した島原俊英氏が、著書でポイントを解説していく連載です。本回は「アイデアをアイデアで終わらせない、有機的な議論や打ち合わせを可能にするプラットフォームづくり」がテーマです。

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

アイデアを「机上の空論」に終わらせない仕組みづくり

地域のすべての人を巻き込みながら地域の課題と向き合い、ものづくりの技でその解決に貢献し地域の資源を活用して新たな価値を創造していくことを進めるべく、私の会社ではさまざまな取り組みを進めてきました。

 

なかでも私が大切にしていたのは地域において横のつながりをいかにつくるかでした。その試みのなかから産学官の連携組織MANGOの活動が始まり、「次世代リーダー育成塾こころざし」が生まれ、日向市産業支援センター「ひむか-Biz」の開設の支援と運営の受託を行ってきました。

 

また宮崎大学地域資源創成学部や同大学院地域資源創成学研究科の学生、工業高校を中心とした専門高校の生徒たちとの交流などを出前授業や工場見学、インターンシップなどという形で積み重ねました。

 

そのなかで私が常に考えていたのは、地域にとって価値のある事業を、実際にいかにして立ち上げるのかということでした。ただ議論していても仕方がありません。きれい事に終わってしまうことも少なくなかったのです。実際いろいろ活動をしてネットワークを広げ、出会いの場や議論の場をつくってもなかなか新規事業の立ち上げには至りませんでした。

 

そこで私はこれまでに議論を重ねてきた人々と相談しながら事業創造に向けた実践的なローカルエリアプラットフォームをつくろうと思いました。一つのエコシステムとして持続可能なオープンイノベーションの仕組みづくりが必要だと思ったのです。

 

従来、各地方では行政の主導で新産業創生会議という仕組みがつくられてきました。しかし実際に新規事業が生まれたという成功例はほとんど耳にしたことがありません。

 

私もこうした会議体に所属したり取り組みを見学したりしたことがありましたが、まず感じたのは話し合う時間が短いということでした。行政に招集される形でメンバーが集まるのですが最長でも2時間くらいなのです。

 

しかも、自由に議論できるかというとそうでもありません。運営側が出席者に負担を掛けてはいけないと考えているからなのか、たたき台となる原案が事務局案としてあらかじめ用意されていてそれについてそれぞれコメントを求められ、出席者がひと通り意見をいう進行が一般的でした。

 

そして議論が深まる前に終了時間が来てお開きになるのです。これでは突っ込んだ話し合いはできず、とうてい新しい事業がここから生まれるとは思えませんでした。

議論の場にダイバーシティを

そうした先例をいくつも見ながら私たちが目指したのは地域のさまざまな分野の人が集まり共に学び、それぞれの視点からアイデアを出し合って実際にイノベーションを起こしていく場をつくることでした。

 

何度かの準備会議を経て2020年6月に私が代表になっている一般社団法人日向地区中小企業支援機構が運営する日向市産業支援センター「ひむか-Biz」内に「ひなたイノベーションセンター」(以下HIC)を設けました。

 

目的として掲げたのは「地元企業とそれを支える多様な人財の相互支援によって、日向市の地域活性化と、次世代のための輝かしい将来を実現するために、新たな事業を創造する場となる」ことです。

 

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

あなたにオススメのセミナー

    株式会社MFE HIMUKA 代表取締役社長
    一般社団法人 日向地区中小企業支援機構 理事長

    1962年生まれ、宮崎県日向市出身。1985年熊本大学工学部生産機械工学科卒業後、プラント輸出を手掛ける大手総合化学メーカー宇部興産に入社し、15年間勤務し、海外赴任も経験する。1999年、父が創業した株式会社日向中島鉄工所に入社。2001年には社長就任。自社が従来、大手エンジニアリングメーカーの下請けとしての役割しか果たせていないことへの反省から、食、エネルギー、環境の3つのテーマの下で、モノづくりの技を生かした地域課題解決への取り組みを始める。2015年「宮崎中小企業大賞」受賞。

    著者紹介

    連載日本企業の99.7%を占める中小企業が、地域ビジネスで利益を上げる方法を専門家が解説!

    本連載は、島原俊英氏の著書『地域循環型経営』(幻冬舎メディアコンサルティング)から一部を抜粋し、再構成したものです。

    地域循環型経営

    地域循環型経営

    島原 俊英

    幻冬舎メディアコンサルティング

    地方が抱える課題にはビジネスチャンスが埋もれている 地域の資源(ヒト・モノ・カネ)を活用し、経済を循環させることが地方中小企業存続のカギ! 従来の地方創生は大企業誘致や補助金などの積み上げによる移住者獲得、特…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ