独身の資産家が不審死…高齢母が驚愕した〈見知らぬ相続人〉と〈遺産の行方〉【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

資産家の独身女性が知り合いの男性と養子縁組し、養子となった男性が養母を殺害した容疑で逮捕されるという、まるでドラマのような事件が起こりました。もし相続人が犯罪を犯した場合、相続権はどうなってしまうのでしょうか。高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が解説します。

高齢母、亡くなった娘に養子がいると知って愕然

春子さんには、娘の夏子さんがいます。夏子さんは、独身で、子どももいません。夏子さんは、亡くなった父親の秋男さんから相続した遺産など約1億円を持っていました。

 

夏子さんは、自宅で変死している状態で発見されました。その後、夏子さんが、冬樹さんという春子さんが知らない若い男性と養子縁組をしていることが判明しました。

 

そして、冬樹さんは、夏子さんの相続人として、夏子さん名義の約1億円の遺産を相続しました。

 

しばらくして、冬樹さんは、夏子さんの殺害容疑で逮捕されました。

 

春子さんは、どうしたらよいでしょうか。

 

①養子縁組が有効である限り、夏子さんの遺産は冬樹さんが相続するので、春子さんは取り返すことはできない。

 

②被相続人の殺害は相続欠格事由に該当することから、冬樹さんの逮捕により冬樹さんの夏子さん殺害が証明できれば冬樹さんは相続資格を失い、春子さんは冬樹さんが相続した遺産を返還請求できる。

 

③相続欠格事由は、被相続人の殺害だけでなく、殺害を理由に刑に処せられたことが必要なので、冬樹さんが逮捕されただけでなく、殺人罪で有罪となり、懲役刑などの処罰を受けた場合に、冬樹さんは相続資格を失い、春子さんは冬樹さんが相続した遺産を返還請求できる。

 

【※12月10日(土)開催セミナー】
【家賃保証最長14年 × 最高150%の買取保証】
米ドル建て投資ができるカンボジア
世界の富裕層が注目「ラグジュアリーリゾート投資」

あなたにオススメのセミナー

    高島総合法律事務所
    代表弁護士 

    1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

    不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

    「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

    著者紹介

    連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ