米政策金利の見通し、先走り過ぎたマーケット…今後の展開は?【専門家が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。

再び3%台を付けた米長期金利

■米10年国債利回り(米長期金利)は6月14日に3.48%を付けた後、低下に向かい、8月1日に2.61%まで低下しました。その後は上昇に転じ、8月22日に3.03%と7月20日以来の3%台乗せとなりました。この動きは金融政策の予想の変化を反映したものと考えられますが、金融市場では政策金利をどのように予想しているのか、フェデラルファンド(FF)金利先物市場で確認してみました。

現在は極端に織り込み過ぎた利下げ期待の巻き戻し

■6月14日、15日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が行われ、0.75%の利上げが決定されましたが、結果発表前日の14日には、将来にわたる大幅な利上げ懸念が織り込まれました。その後は、利上げによってもたらされる景気後退後の利下げ期待を急速に織り込む展開となり、8月1日には政策金利の予測水準が大幅に低下しました。最近は米連邦準備制度理事会(FRB)高官から、行き過ぎた利下げ期待をけん制する発言が相次いだことなどもあり、利上げに対する懸念が再度高まっています。

バランスの取れたシナリオ志向へ

■8月23日のFF金利先物市場では来年5月のFFレートを3.75%と予測しており、FOMC参加者が見込む23年末の政策金利予想と一致しています。今後のインフレ・景気・金融政策の期待形成がようやく落ち着き始めた印象です。

 

 

■今後、ジャクソンホール会議(8月25-27日)やFOMC(9月20-21日)等、米金融政策は年末に向けて重要な局面を迎えます。FRBの金融政策はデータ次第になると見込まれますが、金融市場は一旦両極端な期待形成を経験しただけに、バランスの取れたシナリオを志向するのではないでしょうか。すなわち、FRBは中立金利の2~3%を上回る水準へ利上げを行い、経済をある程度減速、インフレを落ち着かせてから利下げに転じる、というものです。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『米政策金利の見通し、先走り過ぎたマーケット…今後の展開は?【専門家が解説】』を参照)。

 

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

投資情報グループ

 

あなたにオススメのセミナー

    投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

    著者紹介

    連載【デイリー】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

    【ご注意】
    ●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    ●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
    ●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
    ●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
    ●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ