「任意売却物件」では購入後のトラブルが起きにくい理由

今回は、「任意売却物件」では購入後のトラブルが起きにくい理由を見ていきます。※本連載は、株式会社フィナンシャルアドバイザーズ代表取締役社長・泉水京氏の著書、『不動産投資は“未公開の"「任意売却物件」を狙いなさい!』(かんき出版)の中から一部を抜粋し、普通の不動産投資とは違う、未公開のプラチナ物件を狙う「任意売却物件投資」とは何かを説明します。

一般の人に不動産投資が浸透し、売るほうもドライに

不動産投資が一般の人たちのなかに浸透してくると、昔のような物件に対する愛着や手放すことへの抵抗感もなくなってきたと感じます。このため、投資する物件が実際にどのように使われているとか、周辺の環境といったことを気にする人は今はほとんどいません。

 

私たちが紹介する任意売却物件の場所、広さ、構造、利回りなどの特長をよく説明しますし、税金や管理費等の滞納処理についてもきちんと説明します。そのうえで、物件も入居者も優良であることを説明すると、ほとんどの購入希望者には十分納得していただけます。

 

ひと昔前であれば、「じつは入居者の質が悪いかもしれない」、あるいは「本当は説明よりも物件の質がずっと悪いのではないか?」という不信感があったことは事実です。このため物件を自分の目でしっかり確かめておくことが、不動産投資の必要条件のように言われていました。

 

でも、今は違います。買い換えや投資計画に基づいて、不動産投資の一環として売却される方が増えています。

 

また、元の所有者が家賃を別の目的に使ってしまったり、不動産に対する関心を失ったり、最初から不動産や自分にあまり関心がなかったりして、物件を手放すケースも多く見られます。売るほうもドライな時代なのです。

 

こうしたことから任意売却物件は、後々問題が起こるような〝後腐れ〟のある物件が出回る可能性は極めて少ないと思います。むしろ同業者からよく聞かされることは、元の所有者からの感謝の気持ちです。

元の持ち主にとって一番良い方法で処理

通常は、金融機関からの借入債務と任意売却価格には差額が生じます。それを債務整理で処理するか自己破産で処理するか、私たちは元の持ち主にとって一番良い方法で処理します。

 

ついこの前までは金融機関からの矢のような督促に怯えてなす術もなかったところを、一番良い道筋を見つけて債務整理してくれたと、まるで命の恩人のように感謝されることも多いのです。

 

それも任意売却物件の専門業者にとっての、ひとつの使命だと筆者は思っています。

株式会社フィナンシャルアドバイザーズ 代表取締役社長

昭和51年生まれ、千葉県千葉市出身。日本大学法学部卒業。平成11年、投資不動産会社へ入社(現ジャスダック上場)、平成18年「株式会社フィナンシャルアドバイザーズ」を設立後、リーマンショックに襲われる。米国サブプライムローンを発端に日本国内でも投資マンションローンの不良債権が顕在化、不動産投資はあくまで立地と購入価格次第と確信する。
平成28年7月現在、11期目を迎える不動産会社として顧客の信頼を得てセミナーや紹介営業中心に業務展開。紹介物件は、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡、そして米国ロサンゼルス・NZオークランド。 「不動産を通じてより良い人生」をモットーにしている。

著者紹介

連載未公開のプラチナ物件が狙える「任意売却物件」投資の魅力

不動産投資は“未公開の" 「任意売却物件」を狙いなさい!

不動産投資は“未公開の" 「任意売却物件」を狙いなさい!

泉水 京

かんき出版

超低金利を背景に不動産投資が活況を呈している。ところが、返済金利負担が少なくなったぶん、投資用不動産物件の値は上がる一方だ。利回りも2%が限界。3%以上の物件となるとバブル期前のワンルームしかないのが現実だ。 本書…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧