不動産投資家の「年齢層」が下がっている理由

今回は、不動産投資家の「年齢層」が下がっている理由を見ていきます。※本連載は、株式会社フィナンシャルアドバイザーズ代表取締役社長・泉水京氏の著書、『不動産投資は“未公開の"「任意売却物件」を狙いなさい!』(かんき出版)の中から一部を抜粋し、普通の不動産投資とは違う、未公開のプラチナ物件を狙う「任意売却物件投資」とは何かを説明します。

「融資要件の緩和」が若者の不動産投資を後押し

前回、20代女性の不動産投資意欲についてお話ししましたが、こうした女性に限らず不動産投資家の年齢層が年々若くなってきていると感じます。早い人は20代から始めますが、今や投資家の中心年齢層は30歳前後ではないかと思います。それくらい年齢層は下がってきています。

 

昔の不動産投資は年収800万円くらいが要件だったので40代が中心でした。でも今は、融資要件が昔よりも緩和され、だいたい500~600万円あればローン審査は通ります。中心購買年齢層が下がったのは、こうした融資要件が下がったことも理由のひとつです。

ローンの問題から、不動産投資家は「独身者」が多い!?

もうひとつの理由は、若い人は〝投資好き〟だからです。不動産に限らず株式やFXも好きです。このためか、筆者のところで任意売却物件を仲介して不動産投資を始めるような50代、60代の人は極めて少数です。

 

ただし、50代、60代でも、ご本人ではなくお子さんのために投資用物件を探しに来られる方はいます。

 

例えば、以前、上場企業を定年退職した後も一定の収入のある60代後半の方が、息子さんのために居住用のワンルームマンションを探しに来られたことがあります。

 

結局、気に入った居住用のワンルームマンションが見つからず、息子さんには賃貸マンションを借りることにしました。そしてその代り息子さんのために、1800万円の投資用中古ワンルームマンションを現金で購入されたのです。

 

もちろんそうした目の肥えた60代後半の方が、頻繁に来られるわけではありません。むしろ、25歳~35歳くらいの方で、ある程度の収入があり、所得税の高さに、将来どう備えるべきかと真剣に考えている方が購入されることが多いのです。また、別の30代の方に、なぜ不動産投資を始めるのか伺ったことがあります。

 

「若いときは山っ気があるから株だFXだと大きく儲けようと考えていたが、もう疲れた! 家族もできたから、もう少し落ち着いた投資に切り換えたくなったのです」と答えておられました。

 

一般に不動産投資に反対するのは決まって奥さんのほうです。自宅用と投資用のふたつのローンを組むことになるので、「なぜまたローンを組むの?」となります。このため、私のところで紹介する投資用の任意売却物件は、独身者が圧倒的に多いのが特長です。

 

家族がいると、ダブルローンにはなかなか踏み出せないものです。

株式会社フィナンシャルアドバイザーズ 代表取締役社長

昭和51年生まれ、千葉県千葉市出身。日本大学法学部卒業。平成11年、投資不動産会社へ入社(現ジャスダック上場)、平成18年「株式会社フィナンシャルアドバイザーズ」を設立後、リーマンショックに襲われる。米国サブプライムローンを発端に日本国内でも投資マンションローンの不良債権が顕在化、不動産投資はあくまで立地と購入価格次第と確信する。
平成28年7月現在、11期目を迎える不動産会社として顧客の信頼を得てセミナーや紹介営業中心に業務展開。紹介物件は、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡、そして米国ロサンゼルス・NZオークランド。 「不動産を通じてより良い人生」をモットーにしている。

著者紹介

連載未公開のプラチナ物件が狙える「任意売却物件」投資の魅力

不動産投資は“未公開の" 「任意売却物件」を狙いなさい!

不動産投資は“未公開の" 「任意売却物件」を狙いなさい!

泉水 京

かんき出版

超低金利を背景に不動産投資が活況を呈している。ところが、返済金利負担が少なくなったぶん、投資用不動産物件の値は上がる一方だ。利回りも2%が限界。3%以上の物件となるとバブル期前のワンルームしかないのが現実だ。 本書…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧