非正規雇用で働いていると、どうしても給与が少なくなりがちです。給与が少なければ、厚生年金の受給額も下がります。正社員、キャリアップで収入増で年金倍増はできるのでしょうか。フィナンシャルプランナーの長尾義弘氏が著書『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)で解説します。

フリーランスは老後のため自助努力が必要

▶40代、会社勤めからフリーへ/税制の優遇制度を使って年金の上乗せ

現状

42歳のシングル。大学を出て金融機関に勤めていましたが、20年の節目に独立しました。現在は独立系のファイナンシャルプランナーで月の平均収入は30万円。勤め人時代の平均賃金(月額)は20万円です。20年分の厚生年金はあるものの、その後は基礎年金だけです。

 

65歳からの年金受給額の見込みは、
●月額約8万円(年額約100万円)

 

65歳まで働くつもりでいますが、「フリーランスを続けるからには、年金の対策を立てておかなければ」と考えています。

 

対策

老後のために、フリーランスは自助努力が必要です。国民年金基金や小規模企業共済を活用して、年金を増やしていきましょう。

 

・国民年金基金

43歳から60歳まで加入しましょう。月額の掛金を6万2205円とすると、65歳からの受け取り額は毎月約5.5万円です。

 

・小規模企業共済

70歳まで加入しましょう。月額の掛金を2万円とすると、70歳での受け取り額は約792万円です。新たに発生する掛金の負担が重く見えるかもしれませんが、これらには節税という大きなメリットがあります。国民年金基金は年間に約23万円、小規模企業共済は約7.3万円の節税ができます。加入期間中のすべてを合計すると、約583万円の節税になります。

 

また、60歳以降は国民年金に任意加入し、基礎年金を満額にします。

 

さらに、仕事は70歳まで続け、その間は年金を繰下げ受給します。すると、年金額は年間143万円にアップします。これに国民年金基金を合わせれば、70歳からの年金は月額約17万円になります。当初と比べて倍の金額です。

 

そして、小規模企業共済で積み立てたお金も792万円あります。ある程度は安心して暮らせるでしょう。

 

長尾義弘著『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)より。
長尾義弘著『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)より。

 

長尾 義弘
フィナンシャルプランナー

 

 

↓コチラも読まれています 

ハーバード大学が運用で大成功!「オルタナティブ投資」は何が凄いのか

富裕層向け「J-ARC」新築RC造マンションが高い資産価値を維持する理由

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

コロナ禍で急拡大!トラックリース投資に経営者が注目する理由

  「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    本連載は長尾義弘氏の著書『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。

    私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。

    長尾 義

    生命保険文化センターなどのアンケート調査によると、8割以上の人が老後の生活に不安を感じています。さまざまな心配事があるなか、トップを占めているのは老後のお金に関する問題です。 「けっきょく、私は年金をいくらもら…

    定年の教科書 お金 健康 生きがい

    定年の教科書 お金 健康 生きがい

    長尾 義弘 福岡 武彦

    河出書房新社

    「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ