「日本―ロシア開戦」シナリオの現実味…不測の事態での資産移転先、6つの候補【ウエルスマネージャーが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

先が見えないロシアのウクライナ侵攻、中国の新型コロナ再拡大による経済的ダメージなど、世界情勢は不穏な状況が続いています。当然、日本の富裕層たちも資産防衛に手を尽くしていますが、いまや国内での資産組み換えや、外貨預金程度で対処するのは不可能です。不測の事態を想定した場合、大切な資産をどこに置くべきか、資産防衛のプロであるウエルスマネージャーが、現状から読み解いていきます。

日本に潜在する「3つのリスク」

日本の内外を取り巻く状況を鑑みて想定意識すべき、代表的な3つのリスク「天災リスク」「地政学リスク」「国家財政破綻リスク(財政赤字リスク)」について記述をしました(『当局から届いた「お尋ね」…海外プライベートバンクに口座保有の富裕層が青ざめた事情』『「財産は国内に放置するな!」日本が本格的に危なくなってきた』参照)。これらについてまず認識することが、資産防衛の対策を練るスタート地点だといえます。

 

こういった日本に潜在するリスクに一切目を向けず、いまの生活を刹那的にエンジョイするという選択肢も、悪くはないかもしれません。

 

しかし2011年の東日本大震災当時、首都圏に住んでいた読者なら、本震・繰り返される余震の恐怖、生活インフラ、公共交通機関の停止という非日常、福島原発事故に対処する政府の混乱ぶり等々から、言葉にできない焦燥感・無力感を味わった経験は、忘れられないのではないでしょうか。

 

@pixabay
@pixabay

 

いまや国や政府を頼りにしても、一族や資産を守ることはできないばかりか、自分ひとりの身を守ることすら難しいのではないでしょうか。

 

「天災リスク」を回避する上では、物理的に日本外に資産を移すことにより、ある程度のリスクは回避可能だと思います。その意味では、シンプルに解決策が考えられるかもしれません。

 

もちろん「地政学リスク」も日本国外に資産を移せばかなり抑え込むことは可能です。ただ、それだけですべてが解決するという程シンプルなものではありません。

 

もし仮に日本が戦争状態になったとしたら、恐らく国家総動員法等が施法され、国民に私権制限がかかり、自身が保有している資産が、必ずしも目減りすることなく保全されるといった保証はないからです。

 

また、天災リスクと地政学のリスクが具体化すれば、さらに「財政赤字リスク」が高くなることになります。

最も警戒すべき「日本とロシアの戦争」というリスク

そのなかでいま、最も懸念されているのは地政学リスクではないでしょうか。中国からの軍事リスクが取り沙汰されますが、日本にとって中国からの最大のリスクは、日本国内部からの切り崩しであって、軍事的なものでは決してないと考えられます。

 

日米安全保障条約がある限り、中国は日本に攻撃を仕掛けてはこないでしょう。なぜなら、世界第2位の米国国債保有国である中国にとって、日本を攻撃することは米に攻撃することと同義となります。米に開戦すれば、それらがすべてチャラにされるからです。

 

我々がいま、最も警戒しなければならない軍事的なリスクは、「日本がロシアと一戦を交えるリスク」ではないでしょうか。

 

ロシアとアメリカの相互依存はかなり低いという現実があります。そうなった場合、日本とロシアは国境を接していますから、日本が戦場になる可能性があります。さらに戦費が増えて予算も増額せざるを得ず、国民負担が増加することが予想されます。

 

出典:防衛省・自衛隊「我が国周辺におけるロシア軍の動向について」
[図表]極東方面・北方領土におけるロシア軍の動向 出典:防衛省・自衛隊「我が国周辺におけるロシア軍の動向について」

 

また、自衛隊だけで戦うのではなく、国民が徴兵される可能性も出てくるわけで、その場合には、ある一定年齢の国民、特に男性等が出国禁止となる可能性も出てきます。

 

ここまでは起こりうるリスクを説明しましたが、それでは実際にはどのようにこれらを回避すべきかについて述べていきたいと思います。

 

まずは具体的に「どこに資産を分散させていくか」という、具体的な内容を解説していきましょう。

 

あなたにオススメのセミナー

    株式会社 ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ 代表取締役

    東京生まれ。米ピッツバーグ大学MBA。東京及び米西海岸在住。株式、債券、不動産、保険などに関するコンサルティングを、国内法人や富裕層、資産家に行う。

    山一証券等を経て一九九六年から海外投資、資産運用、ウエルス・マネジメントにかかわるウェブサイトの運営、コンサルティングを手がける(株)ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ代表取締役を務める。訳書に『LTCM伝説──怪物ヘッジ・ファンドの栄光と挫折』(東洋経済新報社、共訳)、『ヘッジ・ファンド投資入門』(ダイヤモンド社)、『αを探せ! 最強の証券投資理論─マーコヴィッツからカーネマンまで 』(日経BP社)、『ザ・タートル 投資家たちの士官学校』(日経BP社)および『伝説のトレーダー集団 タートルズの全貌』(FPO社)がある。

    (株)ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ:http://www.jkwilton.com/

    日本プライベートバンク協会 プライベートバンク完全ガイド:https://www.private-bank.jp

    著者紹介

    連載国境を越えた人生設計の必要性 マネーは眠らない:海外プライベートバンク活用術

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ