分譲コンドミニアムとは?資産としての魅力を税理士が解説 ※画像はイメージです/PIXTA

コロナ禍によって、「別荘」や「セカンドハウス」への関心が急上昇。環境の良いロケーションで気兼ねなく過ごすことができることが人気の理由ですが、そのようななか注目されているのが「分譲コンドミニアム」です。ほかの不動産にはない資産性が魅力のひとつだといいますが、資産形成をすすめるうえでどのような優位性があるのか、みていきましょう。

そもそも「資産」とは何なのか?

【沖縄・二拠点居住を知る】
ANABUKI DUAL LIFE(※外部サイトに遷移します)>>>>>

 

「資産」はもともと会計学上の言葉で、「企業等の経済主体に帰属する用益潜在力で、貨幣額で合理的に評価できるもの」と定義されています。わかりやすくいうと、会社がもっている財産のことです。

 

資産は大きく3つに分けられます。

 

ひとつ目が「流動資産」。現金や預金、貸付金など、短期的に現金化できる資産のことを指します。現金や預金などの当座資産、商品や材料などの棚卸資産などが、流動資産に区分されます。

 

次に「固定資産」。会社が長期間にわたり保有するものや1年を超えて現金化・費用化されるものをいいます。土地や建物などの有形固定資産、借地権などカタチのない無形固定資産、株や有価証券などの投資その他資産などが含まれます。

 

そして「繰延資産」。会社または個人事業主が支出する費用のうち、その支出効果が1年以上に及ぶ資産のことです。会社設立のために必要な費用である創立費や、会社設立から実際に事業を開始するまでのあいだにかかった費用である開業費、新株発行や自己株式の処分のためにかかった株式交付費などがあります。

 

会計学から生まれた「資産」は、現金だけでなく、価値を算出できるすべての財産を指すときに使われるようになりました。個人として所有する資産は、大きく2つに分けられます。

 

まずは「金融資産」。現金を含め、「実体」を持たないけれど資産として評価額を換算することができ、現金化できる資産のことです。現金や預貯金や、株式、債券、投資信託、保険、商品券や小切手などが金融資産にあたります。

 

もうひとつが「実物資産」。金融資産の対となる言葉で、カタチがあり、それ自体に価値があるもののことを指します。金やプラチナなどの貴金属、土地やマンション、太陽光発電などの不動産、絵画や骨董品などの美術品など、その種類は多岐に渡ります。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

多賀谷会計事務所 税理士
CFP

会計事務所における長い勤務経験・豊富な実務経験により、会計処理・税務処理及び経営や税務の相談など、様々な問題に対応。

強みのある領域は不動産と相続関連。特に相続問題では、税金面だけでなく、家族が幸せになれるトータルな提案を重視している。宅地建物取引士、マンション管理士等の資格も保有。

常にフットワークを軽く、お客様のニーズに応えるのがモットー。離島支援活動も積極的に行っている。

著者紹介

連載非日常を日常にする「二拠点居住」ガイド

本連載は、穴吹興産株式会社が運営する「ANABUKI DUAL LIFE」内の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ