65歳を過ぎて「深みが出る人、出ない人」の決定的差【精神科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

心の成長に年齢は関係ありません。乳幼児の時期を過ぎても、学童期、思春期、青年期、中年期、老年期とライフサイクルのなかで起こるさまざまなできごとを乗り越えて心は成長していきます。精神分析家のエリクソンは、一生を8段階に分けて心の発達を考えました。本稿では乳幼児以降に訪れる大きな過渡期にスポットを当てて、心の発達段階を見ていきましょう。精神科医・庄司剛医師が解説します。

 8月25日(木)開催 
経営者・企業オーナー・高所得サラリーマン必見!
「年内償却」を活用した所得税・法人税対策とは?

~「富裕層を熟知した税理士」が教える
年収1,000万円以上の人が実践しているテクニック~

詳細はコチラ>>

思春期(12~18歳ごろ)

■親子ともに「試練の時期」だが、独立した大人になるために必要なプロセス

子どもから大人へと体が変化していく時期が思春期です。この時期は、第二次性徴による変化を受け入れることが課題の一つとなります。

 

多くの場合で異性に対する愛着と、同性に対するライバル意識が出てきます。これがいわゆるエディプス・コンプレックスの再燃です。エディプス・コンプレックスというのは、幼児時には例えば男子の場合、大好きな母親に愛着を抱いて父親に対抗意識をもったり怖いと思ったりしますが、だんだんと母親は父親のパートナーであることを理解し、母親への欲求を抑制するようになります(潜伏期)。

 

それが思春期になると、第二次性徴をきっかけとして性的欲求(リビドー)が高まり、再び異性への愛着と同性に対するライバル心が表れてきます。体も成長して生殖できる肉体をもち、体力もついてきて幼いころよりも父親との体格差が小さくなるにつれ、父親はもはや絶対的に怖い存在ではなくなり無意識的な攻撃的衝動が起こってきます。

 

こういった衝動を社会的に受け入れられない目標から別のより高度で社会に認められる目標に向きを変え、その実現に昇華することができれば、思春期の危機を乗り越えやすいかもしれません。例えばそれは攻撃的なスポーツに身を投じることによって表れることもあります。しかし、父親や父親像の投影である権威などに反抗し、親や学校、社会に対して攻撃的、破壊的になることも少なくありません。

 

その一方で、攻撃性や反抗心に罪悪感も抱き、葛藤が生まれます。思春期の若者にとって、そして親にとってもこの時期は試練の時です。しかしこれは親から自立し、独立した大人になっていくために必要なプロセスでもあるのです。

 

また、両親の不和など家庭内のさまざまな問題に気づいて傷つきやすい時期でもあり、大人への反抗心や不信感によって心が不安定になりやすいことも特徴の一つです。

青年期(18~40歳ごろ)

■一般にアイデンティティが確立される時期だが…

アイデンティティが確立される時期で、周囲との関わりによって成長し親密性をもつなどの課題を乗り越えていきます。また、環境も変化しやすい時期であるため、葛藤が生じやすくなります。

 

アイデンティティとは自我同一性と訳されますが、自分は何者なのかと認識することをいいます。

 

アイデンティティの確立によって自分の価値を見出すことができるようになると同時に、独立心が芽生えて仕事を見つけるなどの社会生活を送れるようになります。ただ、自分のイメージは、生活環境などの影響を受けながら変化するので、青年期で確立されるアイデンティティは基礎となるものといえます。

 

自分を意識することは、裏を返せば他者を意識することでもあります。そのため、学校の仲間との付き合い、進学、就職、異性との親密な関係などによって、精神的に影響を受けやすい時期です。また、この時期は社会的な環境変化の影響も受けます。人によっては結婚や出産などで自己判断や自己決定力が求められますが、アイデンティティが確立しないままこういった場面に直面すると、自分が何者なのか分かっていないわけですから、その場に応じた決断ができず、混乱することもあります。

北参道こころの診療所 院長 

1999年に筑波大学医学専門学群卒業後、東京大学医学部附属病院心療内科、長谷川病院精神科を経て2008年~2013年までロンドン、タビストッククリニックに留学。

帰国後、心の杜・新宿クリニックに在籍し、2021年より医療法人イプシロン北参道こころの診療所に勤務。

<所属学会>
日本精神分析学会
日本精神分析的精神医学会
日本心身医学会
日本精神分析協会訓練生

<資格>
精神保健指定医
BPC(British Psychoanalytic Council) Psychodynamic Psychotherapist
TSP(The Tavistock Society of Psychotherapist) メンバー

著者紹介

連載知らない自分に出会う精神分析の世界

※本連載は、庄司剛氏の著書『知らない自分に出会う精神分析の世界』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

知らない自分に出会う 精神分析の世界

知らない自分に出会う 精神分析の世界

庄司 剛

幻冬舎メディアコンサルティング

自分でもなぜか理解できない発言や行動の原因は、過去の記憶や体験によって抑え込まれた自分の本来の感情が潜む「無意識的な領域」にあった! 憂うつ、怒り、不安、落ち込み…。理由の分からない心の動きを精神科医が考察。…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ