9年ぶりの政権交代となった豪州総選挙…「豪ドル」の今後は?【専門家が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。

9年ぶりの政権交代

■5月21日に豪州で、上院(76議席)の約半分(40議席)の改選と合わせて、下院の総選挙(151議席)が実施されました。その結果、アンソニー・アルバニージー氏が率いる中道左派の野党・労働党が、スコット・モリソン首相が率いる中道右派の与党・保守連合に勝利しました。その結果、2013年以来約9年ぶりの政権交代となりました。

 

(注)データは5月24日11時30分現在。開票率72.9%。 (出所)ABC Newsのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
総選挙の各党獲得議席数(暫定) (注)データは5月24日11時30分現在。開票率72.9%。
(出所)ABC Newsのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

■アルバニージー氏は、23日に第31代豪州首相に就任しました。開票はまだ続いており、24日の開票率72.9%の時点で、下院の獲得議席は労働党が74議席で、保守連合が55議席となっています。単独過半数(76議席)となるかは今後の開票を待つ必要があります。複数の豪メディアによると、単独過半数の可能性はあるものの、環境を重視する議員や諸派と連立政権を樹立するのでは、といった見方もあるようです。

 

 

■23日の豪州の金融市場は総じて落ち着いた動きとなりました。選挙結果が事前の世論調査の内容に沿うものであったことも一因と考えられます。

 

(注)前週末からの変化は株価、為替レート、REIT指数が変化率(%)、国債利回りは変化幅(%ポイント)。 (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
主な金融指標の前週末からの変化 (注)前週末からの変化は株価、為替レート、REIT指数が変化率(%)、国債利回りは変化幅(%ポイント)。
(出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

環境、インフレ対策に注目

<外交政策>

■新政権の政策を簡単に整理したいと思います。まず、中国を中心とする外交政策です。中国政府は豪州からの輸入に対する規制強化を緩めておらず、豪州内の世論にも押されて、労働党は対中強硬姿勢を継続するものとみられます。一方、最近では4月19日にソロモン諸島が中国と安全保障協定を締結し、中国船舶の寄港を認めたこともあり、豪州の外交・安全保障政策の強化は継続される見込みです。

 

<環境対策>

■また、今回の総選挙では、気候変動対策についても注目が集まりました。24日の段階では緑の党が2議席増加する見通しです。労働党が単独政権となるのか、連立政権となるのかは不透明ですが、豪州として環境重視の政策運営が行われる可能性は高いと考えられます。

 

<インフレ対策>

■世界的な商品価格の上昇から、消費者物価指数(CPI)が大きく上昇しています。コロナ禍からやっと解放され、景気に明るさが見え始めた矢先で家計を取り巻く環境はインフレによって厳しさが増しています。

 

■2022年1-3月のCPIは前年同期比+5.1%と2001年4-6月以来20年9ヵ月ぶりの高水準です。対して賃金上昇率は、民間部門が同+2.4%、公共部門が同+2.2%にとどまっています。さらに家計の財務状況を確認すると、急激に悪化しています。

 

■労働党は選挙期間中に介護保険制度の改善、薬価の引き下げ等の家計支援、インフレ対策を示しました。特に最低賃金の引き上げは、国民の期待度も高く注目が集まりそうです。

 

(注)データは2004年1-3月~2022年1-3月。 (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
賃金(前年比、除く賞与) (注)データは2004年1-3月~2022年1-3月。
(出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

豪ドルの変動性は高まろう

■予想を上回るインフレ率の急速な上昇が続く中、豪州準備銀行(RBA)は5月の理事会で11年半ぶりの利上げに踏み切りました。RBAは今後も中立的な金利水準に向けて継続的な利上げを実施する見通しです。4月の失業率が3.9%と歴史的な低水準にあり、さらに改善が見込まれることに加え、インフレ率も高い水準での推移が予想されるためです。

 

■こうした中、今回の総選挙で労働党が勝利したことで公約である最低賃金の引き上げが注目されます。アルバニージー新首相が選挙戦で公約したように物価上昇に見合った最低賃金の引き上げが仮に実現すれば、賃金と物価のスパイラルにつながるリスクがあります。中期的に物価が上昇する可能性が高まれば、RBAの金融政策は一段とタカ派化し、豪ドル相場が強含むと考えられます。

 

(注)データは2010年1月~2022年5月。 (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
ウエストパック消費者信頼感・家計財務状況 (注)データは2010年1月~2022年5月。
(出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

■また、環境政策が大きく転換するかもしれません。新政権が再生可能エネルギーへの取り組みなどを一段と推進するためです。その一方で、ロシアへの経済制裁の持続を背景に、化石燃料への需要は強く、それを取り込むチャンスでもあるため、新政権のエネルギー対策の舵取りにも注目が集まりそうです。豪ドルは、金融政策や資源価格の影響を受けやすい通貨ですが、今回の総選挙を経て、豪ドルの変動性は高まる見通しです。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『9年ぶりの政権交代となった豪州総選挙…「豪ドル」の今後は?【専門家が解説】』を参照)。

投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

著者紹介

連載【デイリー】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ