【みんなが信じれば現実に】まさかの「金融緩和で株価上昇」を実現させた黒田日銀総裁 (※写真はイメージです/PIXTA)

ゼロ金利のときに「量的緩和」をしても、世の中に出回る資金は増やせません。つまり、株価を上昇させる原動力になりません。しかし、アベノミクス初期には、ゼロ金利時の量的緩和を背景に株価が上昇。じつはこの現象から、株式投資の本質的な部分が見て取れます。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

ケインズが株価に喩えた「美人投票」のシステムとは?

株価を美人投票に喩えたのは、経済学者のケインズです。しかし、株価と美人投票がどういう関係にあるのか、理解できる人は少ないでしょう。それは、当時の美人投票がいまと異なっていたからです。

 

当時の美人投票は、優勝した候補者がトロフィーをもらうだけではなく、優勝者に投票した審査員も「審美眼が高い」として賞品がもらえたのです。

 

そうなると、審査員は自分が美人だと思う候補に投票するのではなく、優勝しそうな候補に投票しようとするはずです。自分は「候補1」が美人だと思っても、「候補2」が登場したときにほかの審査員たちが拍手をしたならば、「候補2」に投票するほうが賞品にありつく可能性が高いからです。

 

「候補3」が審査員たちに賄賂を贈っているという噂が流れたとします。そうだとすると、「候補3」が優勝する可能性が高そうですから、自分も「候補3」に投票するほうがよさそうです。「自分も賄賂がほしかった」と思うか否かは別として(笑)。

 

多くの審査員が同じことを考えると、「候補3」が多くの票を集めて優勝するでしょう。問題は、「噂が嘘であっても関係ない」ということなのです。審査員たちが噂を信じたか否かが重要なのです。

 

「候補3」の親友である審査員が「候補3は賄賂など贈っていない」と知っていても、「私だけが真実を知っている」などと優越感に浸るのではなく、「ほかの審査員が間違った噂を信じているようだから、自分も〈候補3〉に投票しよう」と考えるほうが得なのです。

株は、みんなが上がると思うと「本当に上がる」

株価は、みんなが上がると思って買い注文を出すと、本当に上がります。みんなが上がると思った理由が正しいか否かには関係ないのです。したがって、株で儲けようと思ったら、真実を追求するよりも、ほかの投資家たちの噂話に耳を傾けるほうが有利なのです。それがケインズの教えなのです。

 

その点、個人投資家は機関投資家と比べて不利な立場にあります。機関投資家の担当者は相互に連絡をとりあいながら噂話をしているのに、個人投資家はその輪に入れないからです。

 

テレビ画面で美人投票の候補者を見ながら投票している審査員と、会場で周囲の審査員と噂話をしながら投票している審査員で賞品がもらえる可能性が違う、といったイメージですね。

本来あり得ない「金融緩和→株価上昇」が起こったワケ

「金融が緩和されると株価が上がる」と思っている人は多いでしょうが、それがなぜなのかを正しく知っている人は多くありません。「金融が緩和されると世の中に大量の資金が出回るから、その一部が株式の購入に向かうのだ」といわれていますが、ゼロ金利のときの量的緩和は世の中に出回る資金を増やせないのです。

 

そのあたりのことは別の機会に詳述しますが、本稿が強調したいのは、多くの人がそれを知らないのだから、元銀行員の筆者も「自分だけが真実を知っている」などと自己満足してはいけない、ということなのです。

 

そこで筆者はアベノミクスの初期に「黒田日銀総裁が金融を緩和したから株価が上がるだろう。買おう」と思って買ったのです。利益で何度も飲みに行き、「黒田総裁、ありがとう」と言いながら乾杯したものです。

 

もっとも、いま考えれば、株価が美人投票だと教えてくれたケインズ先生にお礼を言うべきでしたね(笑)。

 

金融緩和が株高要因なのであれば、金融引き締めが株安要因だ、というのも、当然ながら多くの投資家が信じています。したがって、米国の中央銀行が金融を引き締めるのか否か(緩和状態を中立状態に戻すのか否か、戻す場合にはどの程度のスピードで戻すのか)といったことが株式市場で大いに注目されているわけです。

 

【7/9(土)関連セミナー開催】
機関投資家からの信頼も厚い「いちご」が不動産小口化商品を提供
「好立地×新築レジデンス」で叶える最強の「資産防衛」

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ