恐ろしい…「お酒以外が原因の脂肪肝」を発症しやすい人の特徴 (※写真はイメージです/PIXTA)

「脂肪肝」というと、世間では「酒飲みや肥満者がかかる病気」というイメージが強いかもしれません。しかし近年、脂肪肝は酒飲みでなくとも発症リスクがあり、長年放置すれば深刻な肝臓病にまで進行することがわかってきたのです。脂肪肝の種類や、そのうちの「近年確実に増えている脂肪肝」の特徴について、みなと芝クリニック院長・川本徹医師が解説します。

【関連記事】医師が教える「太りやすい体質、太りにくい体質」の決定的差

脂肪肝の種類

<“過剰飲酒しない人の脂肪肝”や“命の危機につながる脂肪肝”もある>

脂肪肝の病態を表す言葉にはさまざまなものがあります。脂肪肝があるというだけでは、肝臓の機能にそれほど影響はありません。ですが炎症を伴った脂肪性肝炎となると話が変わってきます。その辺りが、用語の意味を区別するポイントになります。

 

[図表1]脂肪肝の分類

 

●NAFLD(ナッフルディー)nonalcoholic fatty liver disease/非アルコール性脂肪性肝疾患

⇒日常的にアルコール摂取がない、あるいは少ない人にみられる脂肪肝で、組織診断または画像診断によって脂肪肝と認められた病態を指します。具体的には肝細胞の5%以上の脂肪蓄積を認め、アルコールやウイルス、自己免疫、薬剤などが原因の脂肪肝は除きます。NAFLDには、単純な脂肪肝である「NAFL」と進行性の「NASH」の両方が含まれます。

 

●NAFL(ナッフル)nonalcoholic fatty liver/単純性脂肪肝

⇒肝細胞に脂肪が沈着しているだけで、炎症や線維化のない脂肪肝のことです。病態はほとんど進行しないと考えられていますが、一部はNASHに移行するとの説もあります。

 

●NASH(ナッシュ)nonalcoholic steatohepatitis/非アルコール性脂肪性肝炎

⇒肝細胞の傷害や炎症を伴っており、肝硬変や肝がんを発症するリスクのある脂肪肝のことを指します。

 

●ASH(アッシュ)alcoholic steatohepatitis/アルコール性脂肪性肝炎

⇒飲酒が原因で脂肪肝となり、さらに大量飲酒を続けることで肝臓に炎症が起きている状態のことです。これを何年も放置すれば、やがて肝硬変や肝がんへと進行していきます。

 

ASHはアルコール性、NAFLD(NAFLとNASHを含む)は非アルコール性の脂肪肝になります。非アルコール性の基準は、飲酒をしない、または男性の場合純アルコール換算で210g/日(純エタノール換算で30g/日、ビール中瓶1.5本程度)、女性の場合は純アルコール換算で140g/日(純エタノール換算で20g/日)が上限となります。

 

ちなみに、健康診断などの血液検査でAST(GOT)やALT(GPT)の数値が正常よりも高かった人は、肝炎の状態であるといえます。さらに中性脂肪や、γ(ガンマ)-GTP(AST、ALTは幹細胞、γ-GTPは胆管で作られる酵素。「トランスアミラーゼ」とも呼ばれ、アミノ酸の代謝に関わる働きをする)、コリンエステラーゼ(肝細胞のみで作られる酵素で神経伝達物質の一種を分解する働きをする)などの数値も高かった人は、ASHやNASHの可能性がありますので、医療機関を受診して詳しい検査を受ける必要があります。

近年、確実に増えているのは「NAFLD」

脂肪肝のうち近年に確実に増えてきているのが、非アルコール性脂肪性肝疾患「NAFLD」です。現在分かっていることを挙げてみると、次のような特徴があります。

 

<NAFLDを発症しやすい人の特徴>

●国内の有病率は30%前後(人間ドック受診者を対象とした非肥満者も含む調査からの推計2009〜2010年)

 

●患者数は推計1000〜2000万人

 

●国内の疾病原因と発症の関連を調べる観察的研究では、NAFLDの有病率は1994年の12.9%から2000年には34.7%に増加していることが分かった

 

●性別ごとの有病率では男性の41%、女性の17.7%がNAFLD

 

●小児での有病率は4〜10%

 

●年齢別では、男性は30代頃から増え始め40〜50代でピークとなってそれ以降少しずつ減っていく。女性は25〜44歳までは極めて少なく、50歳を過ぎると増加していく

 

●肥満の度合いが高いほど有病率は上昇

 

●生活習慣病を発症している人が多い

 

●自覚症状はほとんどなく、体に兆候も現れてこない

 

●NAFLDから肝線維化へ進む割合は2.7%

 

●全世界で見ると、NAFLDの推定有病率は2000〜2005年で20.13%だったのが、2011〜2015年では26.8%と増加傾向にある

 

●肥満でない人のNAFLDは、世界的に見てアジアでの有病率が高い

 

以上からNAFLDは、女性よりも男性のほうが発症しやすく、中年男性や肥満の人で有病率が高く、女性では50歳以上になると増える傾向にあります。また生活習慣病がある人は脂肪肝を合併している場合が多いことが分かります。

 

NAFLDにかかった人の割合の報告にバラつきがあるのは、脂肪肝自体の研究の歴史が比較的浅いことや、診断方法が確定しておらず確定診断が難しいといった事情からです。実態把握にはもう少し時間がかかると思われます。

 

ですがこうした年齢・性差などの特徴を知っておくことで、脂肪肝を特に警戒すべき時期が見えてくることは間違いありません。

 

Eguchi Y, et al. J Gastroenterol 2012より引用
[図表2]NAFLDの性・年齢別頻度 Eguchi Y, et al. J Gastroenterol 2012より引用

 

 

川本 徹

みなと芝クリニック 院長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

みなと芝クリニック 院長 東京女子医科大学非常勤講師
東邦大学医学部客員講師
元日本胆道学会評議員

1987年筑波大学医学専門学群卒業。1993年筑波大学大学院医学研究科修了。大学院修了後は筑波大学附属病院の消化器外科に所属し、研鑽を積む。

1996年筑波大学臨床医医学系外科講師に就任。胆道外科を専門とし、特に胆のうがん、胆管がんの外科治療に専従する。2003年に渡米し、アメリカのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターにてがん分子標的薬の研究に従事し、がんの発生および進展メカニズムについて深い知見を有する。

現在は東京都港区にみなと芝クリニックを構え、内科・胃腸内科と外科のほかに、皮膚科、整形外科、大腸・肛門外科を標榜し、幅広い診療を行っている。

著者紹介

連載その放置が死を招く!?「脂肪肝」の怖さと正しい対処法

※本連載は、川本徹氏の著書『死肪肝』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

死肪肝

死肪肝

川本 徹

幻冬舎メディアコンサルティング

沈黙の臓器、肝臓。 「気付いたときにはすでに手遅れ」を防ぐために――。 臨床と消化器がんを研究し、米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでがん治療の最先端研究に携わった著者が、脂肪肝の基礎知識とともに肝…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ