▲トップへ戻る
アパート経営が「ローリスク」といえるのはなぜか?

本連載では、サラリーマンのための、時間と元手をかけずに極力リスクを排除したアパート経営のノウハウを紹介します。今回は、アパート経営における「レバレッジ効果」について説明します。

少ない元手でも大きな利益を狙える「レバレッジ効果」

投資やビジネスを始めるときは、ほとんどの場合自己資金が必要です。この自己資金が多ければ多いほど多くの見返り、すなわち利益も期待できます。

 

このような背景から手軽に始められる投資である株取引には、信用取引というものがあります。取引する金額の30%を委託保証金として証券会社に入れておけば、その金額の3倍強の取引ができる仕組みです。

 

たとえば30万円の委託保証金を入れておけば100万円の取引ができるのです。購入した株が1割上がれば、本来3万円の利益が9万円強になります。ところが1割下がってしまえば本来3万円の損失が9万円強となります。このように投資資金を借りることで、自己資金の何倍も収益が得られる効果のことを「レバレッジ効果」といいます。

 

レバレッジ効果は、前述のように勝てば何倍もの利益を生みますが、負ければ何倍もの損失となる諸刃の剣なのです。

 

ちなみにFX取引(外国為替証拠金取引)は、25倍までのレバレッジをかけることが可能です。

 

アパート経営もレバレッジ効果が狙えるという部分では同じです。物件価格の1割程度の自己資金(頭金)を出資し、残りの資金を金融機関から借りることでより良い立地、広い土地・建物を購入することが可能になります。

 

たとえば1000万円の自己資金に対して、融資額9000万円を加えれば1億円の資金です。つまりこれは10倍のレバレッジ効果です。

購入した不動産の資産価値は「ゼロ」にはならない

しかも株やFXと違う大きなメリットがアパート経営にはあります。それは、購入する不動産は資産価値がゼロになることはなく、またそのもの自体が安定して利益を生むということです。

 

たとえば購入する土地について考えてみてください。

 

本連載ではアパート経営をする土地を東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に限定しています。土地の値段は、東京圏内であれば20年後も30年後もほとんど変動しないと考えられるからです。

 

また、アパートの耐用年数は何十年にもおよび、そこに至るまでに継続的に利益を生み出してくれます。定期的なメンテナンスをしっかり行えば、さらに長期にわたって収益が期待できます。このようにアパート経営には、株やFXのように一攫千金はありませんが、一瞬にしてタダ同然になるというリスクもないのです。

 

10倍のレバレッジ効果があり、しかもローリスク。こんなに効率的な投資がほかにあるでしょうか。

株式会社アメニティジョイハウス 代表取締役社長

1974年生まれ。不動産コンサルティング技能登録者。宅地建物取引主任者。賃貸不動産経営管理士。一級土木施工管理士。東京都、千葉県を中心に土地選びからアパートの施工、賃貸管理まで一括した、ローコスト&ローリスクのアパート経営を提案する株式会社アメニティジョイハウス代表取締役社長。会社のホームページが口コミで反響を呼び、サラリーマンを中心としたアパート経営による資産形成の相談が絶えない。

著者紹介

連載忙しいサラリーマンが「アパート経営」で年収を300万円増やす方法

本連載は、2014年11月27日刊行の書籍『サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

田脇 宗城

幻冬舎メディアコンサルティング

広がる格差、上がらない給与、将来に備えた生命保険や家のローンに子どもの教育費・・・。働けど働けど出費は増える一方なうえに、将来に対するお金の不安も拭えないという30代のサラリーマンは多いでしょう。 年収がプラス300…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧