朝ドラ『カムカムエヴリバディ』SNSで「バズられ率」がすごいことに…その原因は (※写真はイメージです/PIXTA)

NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』が好調です。3世代をつなぐという異色な設定でしたが、視聴率も安定していて、ドラマ後半になるにしたがってネットでは連日、ワードがトレンド入りし話題になっています。いよいよ明日が最終回。この朝ドラは何が視聴者を惹きつけるのでしょうか、徹底分析してみました。

【関連記事】年金300万円、貯蓄5000万円…ゆとりのはずが老後破産の理由

朝ドラが連日トレンド入りの異常事態

朝ドラの愛称で親しまれる、NHKの連続テレビ小説。『おしん』の50%超を筆頭に高視聴率の象徴というイメージが強いですが、昨今は20%を割る作品も少なくありません(もちろん他の番組に比べれば、20%弱の数字を出せているだけでも十分立派なのですが……)。

 

2021年度後期作品『カムカムエヴリバディ』が間もなく最終回を迎えますが、視聴率は18%前後に留まり、20%を超えることは最後までなさそうです。

 

が、この作品、SNSでのBuzz(バズ)られ率がとんでもないことになっています。

 

■OA直後から複数の関連ワードがバズる

Yahoo!に「話題のキーワード」というサービスがあることは、ご存じだと思います。

 

2007年から提供されており、Twitterで盛り上がっている検索キーワードとその検索回数の集計結果を一覧にし、随時更新しています。この一覧にランクインすると「トレンド入り」と称され、さらに注目度が高まるのです。

 

テレビでは「トレンドワードランキング」を毎日紹介している情報番組も少なくありませんし、バラエティ番組のネタ元として活用されてもいます。

 

広報担当者であれば、プレスリリース配信時には何としても「トレンド入り」を果たしたいところでしょう。

 

それが、『カムカムエヴリバディ』(以下『カムカム~』)はOA直後から関連キーワードが複数個ランクインする現象が番組スタート時からずっと続いています。元々朝ドラは「トレンド入り」の常連ではあるのです。ただ、『カムカム~』は話題になる頻度が尋常ではなく、注目せざるを得ません。

 

■バズられるメリット

バズられるメリットについて整理しておきましょう。

 

基本的にネガティブな話題ではないことが前提ですが……。

 

①新規ファンや顧客の獲得
②フォロワー数の増加
③顧客との信頼関係が高まる

 

このような効果があるとされています。

 

■バズられるにはどうすればいい?

TwitterやInstagramでバズられるにはどのような投稿をしたらいいのか、整理してみました。

 

①テーマが誰にでも(あるいは注目してもらいたい層にとって)身近であること。いわゆる自分ゴト化させるような話題。
②広告・宣伝色がない投稿。
③意外性のある内容。
④有益性がある内容。
⑤議論になりやすい話題。
⑥エンターテインメント性がある。

 

というような要素に大別できるのではないでしょうか。

シンプルですが極力簡潔に分類しました。

では、それらを現在OA中の朝ドラ『カムカム~』に即して考えてみます。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社MOPS 代表取締役

広告代理店にて外資系グローバル企業のマーケティングチームに参画し、PR主体のブランドコミュニケーションを担当。その後、戦略系PR会社を経て株式会社MOPSを設立。

「PR TREND(ピートレ)編集部」
PR・宣伝・マーケティング担当者に向けたトレンドマガジン「PR TREND(ピートレ)」を運営。世の中のトレンドをPR視点で斬り、流行のタネを紐解く。

会社情報/メールマガジン登録はこちら
会社URL https://mops-pr.net/

著者紹介

連載ファンをつくる、トレンドをつくるPR戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ