中国経済:貿易統計(2021年12月)…輸出、輸入ともに伸びは鈍化 (写真はイメージです/PIXTA)

本記事では、ニッセイ基礎研究所の助川啓太氏が、2021年12月の貿易統計をもとに中国経済について考察します。 ※本記事は、ニッセイ基礎研究所の中国経済に関するレポートを転載したものです。

【関連記事】2022年、日本経済のゆくえ…注目は「中国経済の失速リスク」

貿易収支

2022年1月14日の中国税関総署の発表によると、12月の中国の輸出額は3405億ドル、輸入額は2460億ドルとなり、貿易収支は945億ドルの黒字(前年同月比20.8%増)となった[図表1]。

 

[図表1]中国 貿易収支の推移
[図表1]中国 貿易収支の推移

 

 

輸出額は前月11月よりも増加し、輸入額は減少した。貿易収支は945億ドルとなり、前月の717億ドルから228億ドル増加した。電気機械製品やハイテク製品等の輸出の好調が続き、黒字化に成功している。

 

中国では12月に陝西省西安市を中心に新型コロナが蔓延した。2022年1月に入ると、河南省や天津市で新型コロナが拡大し、防疫措置が講じられている。河南省ではロックダウンが行われ、天津市でも日系企業を含む工場の操業停止が命じられている。

 

北京冬季五輪開催を目前とし、中国では厳戒態勢が敷かれているため、企業活動の制約は免れない。欧米でも新変異株が流行していることもあり、供給制約や供給網の混乱等、動向を注視したい。

輸出

12月の輸出は、前年比20.9%増(11月:同22.0%増)となり、9月から3か月連続で鈍化した。

 

輸出相手先の推移を見ると、米国、EU、日本、ASEAN、香港ともに対前年プラスとなった。また11月と比較すると、米国向けへの輸出の伸び率が拡大した一方、EU、日本、ASEAN、香港向けへの輸出の伸び率は縮小した[図表2]。

 

[図表2]中国 相手先別輸出の動き
[図表2]中国 相手先別輸出の動き

 

また、12月の主要輸出品目の伸び率を見ると、農産物は対前年17.7%増、紡績糸・織物(およびその製品)は同16.2%増、衣類(付属品含む)は同14.5%増、電気機械製品は同18.1%増、ハイテク製品は同23.1%増となった[図表3]。

 

[図表3]中国 主要輸出品目の伸び率(ドルベース)
[図表3]中国 主要輸出品目の伸び率(ドルベース)

 

他の輸出品目に着目すると、レアアースが対前年53.0%増、肥料が同17.4%減、鋼材が同84.9%増、アルミニウムが同67.2%増となった。電気機械製品の内訳をみると、家電製品が対前年17.6%増、集積回路が同21.0%増となった一方、液晶ディスプレイは同5.6%減、携帯電話が同33.2%減、オーディオデバイスが同34.7%減となった。

 

ニッセイ基礎研究所 経済研究部 研究員

【職歴】
 2017年 日本生命保険相互会社入社
 2021年 ニッセイ基礎研究所へ

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
※本記事は、ニッセイ基礎研究所が2022年1月17日に公開したレポートを転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ