マンション開発前に実施したい「土壌調査」の概要

前回は、住空間の充実だけではない「デザイナーズマンションの付加価値」を取り上げました。今回は、マンション開発前に実施したい「土壌調査」の概要を見ていきます。

入居者に健康被害を及ぼす「汚染された土壌」

近年、食の安全がクローズアップされることが多いですが、住にも安全問題があります。マンションが建っている土壌が重金属、有機化合物などにより汚染されていると、入居者に健康被害を及ぼすおそれがあります。

 

国も土壌汚染による健康被害を重く見ており、2003年に土壌汚染対策法を施行。さらに2010年4月には改正土壌汚染対策法を施行し、一定の条件の下で新たに土地を利用する際には土壌調査などを義務づけています。

 

具体的には、都道府県により指定された地域、指定有害物質を使用した施設の跡地、また3000㎡以上の土地を形質変更するとき、都道府県が指定する場合などでは土壌汚染調査を行わなければなりません。

 

そしてこの調査でカドミウム、六価クロム、水銀など指定された有害物質が基準値以上で検出された場合には、除去・封じ込めなどの所定の対策を講じなければならないことになっています。

法的義務がなくても、万一を考えて「自主調査」を実施

投資用マンションは収益をあげることが目的ですが、入居者に健康被害をもたらさないことはそれ以上に大切です。

 

ヴェリタス・インベストメントがマンション用地として取得する土地はおおむね100坪(約331㎡)前後の大きさで、都道府県の指定する面積には該当しません。また開発済みの物件も開発中の物件も、従前の建物が有機溶剤を扱うクリーニング店などの指定された施設ではないため、この項目も該当しません。

 

しかし、ヴェリタス・インベストメントでは、デザイナーズマンションの開発にあたって自主的に土壌汚染調査を行っています。

 

土壌汚染調査の方法には簡易的に行う「フェーズ・Ⅰ」と土のサンプルを抜き取り25項目の汚染物質の有無を調べる「フェーズ・Ⅱ」がありますが、必ず「フェーズ・Ⅱ」で土壌汚染調査を実施しています。ですから、土壌汚染による健康被害の可能性は限りなく低くなっています。

株式会社ヴェリタス・インベストメント 代表取締役

1972年生まれ。青山学院大学卒業後、不動産会社へ営業職として入社。25歳にして管理職に抜擢され、以後マネジメント業務に携わる。前職では会社のNo.2としてIPOに携わり、当時不動産業界では最短となる設立4年目での株式上場を果たす。2008年、株式会社ヴェリタス・インベストメント設立とともに代表取締役に就任。高いクオリティを持つデザイナーズマンションの開発・販売に、力を注いでいる。

著者紹介

連載「デザイナーズ」+「東京」「駅近」「ワンルーム」で成功するマンション投資術

本連載は、2010年9月24日刊行の書籍『デザイナーズマンション+3つの条件で成功する不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

デザイナーズマンション +3つの条件で 成功する不動産投資

デザイナーズマンション +3つの条件で 成功する不動産投資

川田 秀樹

幻冬舎メディアコンサルティング

将来の年金不安を解消するため、不動産投資による資産運用に注目が集まっています。 本書は株や定期預金、国債などのあらゆる資産運用のなかで、不動産投資がいかに有効かをリスクとリターンの観点から、初心者にもわかりやす…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧