アステカのヤマイモからピルを開発:バースコントロールの歴史 (※画像はイメージです/PIXTA)

バースコントロールのために、人間はさまざまな植物を混ぜて避妊薬を作り、動物の内臓からコンドームを作って使用してきました。現在、広く利用されているピル(経口避妊薬)も、15〜16世紀にかけて栄えたメソアメリカ文明の国家、アステカの伝承がヒントになって作られています。

 

ハチミツ、植物、有害重金属まで……古代の避妊法

紀元前1850年に記録さられた古代エジプトのパピルスによると、殺精子剤としてハチミツやアカシアが利用されていました。ハチミツとアカシアの種を混ぜて布に浸して膣に入れ、精子が子宮に到達する前に殺すことができると考えられていました。

 

古代ギリシャやローマ、中近東では、セリ科ウイキョウ属の植物、シルフィウムを経口避妊薬として摂取していました。しかし、シルフィウムは「銀よりも高価だ」と言われるほど貴重になり、絶滅してしまいました。

 

また、古代エジプトやアッシリア、ギリシャ、中国などでは、避妊のために有害重金属である水銀や鉛、ヒ素を摂取することもありました。

 

紀元前5世紀に活躍したギリシャの医師ヒポクラテスは、経口避妊薬としてセリ科ニンジン属の一年草、ノラニンジンを用いていました。この植物は、小さな白い花が広がる様子から「アン女王のレース」という英名がついており、日本でも見られます。数千年にわたって効果的な避妊薬として利用され、インドの一部では現在も避妊に使われています。

 

また、レモンに含まれるクエン酸には殺精子効果があると考えられていたので、スポンジや綿にレモン汁を浸して膣に挿入する方法もありました。

 

古代エジプトやギリシャ、ローマでは、動物の膀胱や腸を利用してコンドームも作られていたようです。ただし、おもな目的は性感染症対策であり、避妊のために利用されるようになったのは17世紀に入ってからでした。

 

時代が降って中世になると、ヨーロッパではキリスト教の影響が強くなり、カトリック教会が避妊は不道徳だと考えるようになりました。堕胎した女性は魔女として非難されたのです。

環境ジャーナリスト

1966年北海道生まれ。おもに、化学物質や電磁波、低周波音など環境因子による健康影響をテーマに執筆。『シックスクール問題と対策』(緑風出版)など著書多数。スウェーデンのオーレ・ヨハンソン博士(カロリンスカ研究所准教授・当時)と共に日本の電磁波過敏症発症者の実態調査をまとめた共著論文(Pathophysiology. 2012 Apr;19(2):95-100.)を発表

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧