※画像はイメージです/PIXTA

海外で暮らす邦人は多くいますが、新型コロナ感染症のパンデミックにより帰国を余儀なくされた人も大勢いました。外務省の統計調査から、在留邦人の現状をみていきます。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      【関連記事】【すべてみる】「在留邦人数」世界ランキング…国・地域別、都市別にベスト25を発表

      タイ「隔離なし」で入国可能に

       

      日本人の渡航先としても人気が高いタイ。南国のビーチ、豪華絢爛な王宮に、悠久の時を感じられる遺跡など、多くの見どころで訪れるものを楽しませてくれます。また経済成長も著しいことから、日本からの企業進出、投資も盛んに行われています。

       

      また歴史的にみても、日本とタイの交流は古く、さかのぼること600年前。御朱印船による交易を通じ、当時の首都アユタヤには日本人町が形成されていました。また130年ほど前の1887年には「日暹修好と通商に関する宣言」という条約が締結され、日本とタイは国交を樹立。明治政府が最初に外交関係を結んだ、最初の東南アジアの国となりました。

       

      このように歴史的にも、経済的にも結びつきの強い日本とタイですが、コロナ禍により、なかなか自由な往来は難しい状況に。その風向きが変わりつつあります。

       

      タイ政府は先月21日、11月1日から外国人旅行者受け入れ再開、強制隔離を免除する対象国・地域のリストを公表しました。その46の国と地域の中に日本も含まれていました。入国の条件や手続きの主なポイントは以下の通り。

       

      ●タイ政府が定める入国システムに登録し、空路で入国する者

      ●タイ入国前に少なくとも21日以上、対象の46カ国・地域に滞在していた者

      ●入国許可証(COE)またはそれに代わる入国証明書を取得済み

      ●タイ入国前72時間以内に発行された新型コロナウイルス陰性証明書を保持

      ●最低5万ドル以上を補償する保険などへの加入

      ●ワクチン接種が完了している者で、完了日から少なくとも14日間が経過。12歳未満の者についても、陰性証明書を取得する必要

      ●タイ入国時にPCR検査を実施。検査結果が出るまでホテルなどの宿泊施設で待機。待機場所の確保が証明できる支払い証明書を提示

      ●PCR検査結果が陰性なら、タイ国内を自由に旅行可能。ただし、滞在6日または7日目に抗原検査キット(ATK)などを用いて自己検査を実施、事前にインストールしたアプリで検査結果を報告

       

      出所:外務省ホームページより

       

      コロナが終息したわけではない状況下、これまでにない条件、手続きがありますが、コロナ禍以前に近い往来ができそうです。

       

      注目のセミナー情報

      【国内不動産】2月29日(木)開催
      土地オーナー必見!
      高入居率×高収益×高い節税効果
      「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

      次ページ「在留邦人数調査」にみる、日本人に人気の「タイ」

      あなたにオススメのセミナー

        人気記事ランキング

        • デイリー
        • 週間
        • 月間

        メルマガ会員登録者の
        ご案内

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        メルマガ登録
        TOPへ