本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』を転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

急速に進む利上げ織り込み、上向く期待インフレ率

最近の債券市場では幾分、直観に反することが起きているように思えます。

 

というのは、5年金利が急上昇して利上げ織り込みが急速に進む一方で、「5年先5年の期待インフレ率」も上昇しています。5年先5年の期待インフレ率は、米連邦準備制度理事会(FRB)が「長期の期待インフレ率」の指標として好んで用いるものです。

 

[図表2]米国の金利と長期の期待インフレ率
[図表2]米国の金利と長期の期待インフレ率
 

順序立てて述べると、まず、最近のように、2年金利はあまり上昇していないものの、5年金利は大きく上昇している場合、債券市場は「今から2年以内には多くの利上げはないものの、3年目以降にはかなりの利上げが実施されると見ている」ことを示しています。

 

シンプルに、2年金利は今後2年間の政策金利の平均値、5年金利は今後5年間の政策金利の平均値と考えることができます。

 

今回の5年金利の上昇のように、通常、利上げの織り込みが進むと、長期の期待インフレ率は抑制されます。なぜなら(言い換えているだけですが)利上げは、引き締めによって将来の実現インフレ率や長期の期待インフレ率を鎮めるためのアクションだからです。[上の図表2]で言えば、[網掛け]をした2013年(バーナンキ・ショックの頃)がその例です。

 

ただし、ちぐはぐであれ何であれ、長期の期待インフレ率が2003年以降、観察されてきた「2.5%付近」まで戻りつつあることは良いニュースであり、それはFRBが2015年以降、待ち望んできたことのはずです。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページテクノロジー・セクターには「一難去ってまた一難」

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ