「がんの痛みで七転八倒」は昔の話…在宅医療の最新事情

厚生労働省の人口動態統計(令和2年)によると、日本人のもっとも多い死因は「がん」で、その割合は約4人に1人です。また「最期は自宅で過ごしたい」と願いつつも、痛みなどに不安を抱え、実現できないまま亡くなる人が多いのが現状です。そこで、がんの痛みを抑える治療や副作用の注意点について、医療法人あい友会理事長の野末睦氏に解説いただきました。

【関連記事】末期がん患者「言うことを聞け!」介護に疲弊する家族の実録

「最期は自宅で」と考える人へ…痛みや薬の問題は

在宅医療が比較的認知されるようになってきた昨今、がんが進行してきて、半年以内くらいに最期のときを迎えそうになってきたときに、最期の期間をどこで過ごすかの判断を、病院の医師から求められることが増えてきているのではないでしょうか。

 

いろいろな選択肢がありますね。今まで治療をしてきた病院や看取りをやってくれる施設、それとも緩和ケア病棟や在宅医を利用しながら、自宅で。

 

「最期のときは住み慣れた我が家で」と考えている人にとって、最も心配なことは、がんによって生じる「痛みについて」ではないでしょうか。

 

「今感じている痛みは、これからどんどん強くなってくるのだろうか。それに対して、有効な方法を自宅で講じることができるのだろうか。やっぱり、最後は痛みで七転八倒することになるのだろうか。最後はモルヒネを使うしかないのだろうか。だとしたら、いわゆる麻薬漬けになって廃人みたいになってしまうのだろうか。あるいは訳がわからなくなって、他人を傷つけたりしないのだろうか。」

 

次から次へとこのような不安が生じて、それを周りに聞くこともできずに、悶々とした日々を過ごすのではないでしょうか。ここでは、がんの痛みについて、基本的な性質、評価法、対処法などをお話しします。

がんの「痛み」は大きく分けて2種類

まず痛みの強さは、患者さん自身の自覚に基づいて、0から10の段階で分類し、10を分母とした分数で表記します。

 

ご本人が痛みを全く感じない状況なら0/10、想像できる最も強い痛みのときには10/10という具合です。

 

そしてがんの痛みの出現の状況は大きく二つに分けられます。持続痛と突出痛です。

 

持続痛とは、1日中ほぼ一定の強さで続く痛みのことです。そして突出痛とは、1日のうちに数回、持続痛の上に、更に急に増強する痛みのことです。

 

ですから、在宅医が診察に入ると、まずこの痛みの強さをお聞きします。1日中続く痛みはどのくらいですか? そして1日に数回襲ってくる痛みが強い時間帯の痛みの強さはどのくらいですか? それぞれを0から10までの数値で表してください。

 

すると患者さんは、痛みが強いときは8ぐらいで、比較的痛みが落ち着いているときは5くらいかなと答えてくれますので、カルテには、持続痛は5/10、突出痛は8/10と記載します。

 

在宅医が目指す痛みのコントロールのゴールは、持続痛も突出痛も0/10か1/10にすることであり、ほとんどの患者さんで達成されています。そして、このゴールを達成するための切り札が、「医療用オピオイド」と呼ばれているいわゆる麻薬です。

 

代表的なものはモルヒネですが、現在は、構造、作用が少し異なるいろいろな種類の医療用オピオイドが開発、提供されています。

 

医療法人 あい友会 理事長

1957年生まれ。82年筑波大学医学専門学群卒業、91年筑波大学臨床医学系(外科)講師。
93年 ハーバード大学医学部マーサチューセッツ総合病院研究員を経て、2002年庄内余目病院院長就任。06年 庄内余目病院創傷ケアセンター長兼務。14年 あい太田クリニック、20年 あい庄内クリニック、21年 あい駒形クリニックを開設。現在 医療法人 あい友会理事長兼 あい太田クリニック院長。
国内の7割以上が常勤医1名の過酷な訪問診療の現状に対し、多人数の医師体制にすることにより多くの患者へ高質な在宅医療特有の専門医療を提供出来る新しいモデルを構築。

著者紹介

連載現役医師が語る「在宅医療」の現状

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧