平均審理期間は12.9ヵ月…弁護士が語る「裁判離婚」の現実 (※画像はイメージです/PIXTA)

近年活発化する、著名人の離婚騒動。年間20万組(令和元年調査)、2秒に1組もの夫婦が離婚しているのが現状です。本記事では、家事裁判を得意としている水谷江利氏が、裁判離婚について解説していきます。

【関連記事】不倫しやすい環境か…「医師同士の結婚」がうまくいかない理由

「裁判離婚」は、協議や調停と何がちがうのか?

「人事訴訟」の形で争うので、離婚を求める人が「原告」、これを争う側が「被告」となります。「被告」という言葉に驚かれる方も少なくないのですが、刑事裁判の「被告人」とは異なり、「被告」は単に「相手方」の意味しか持たず、「悪いことをした人」という意味ではありません。

 

ただし、離婚協議や離婚調停とは異なり、離婚事由の有無に関する決定は、最終的には裁判官に委ねることになります。

 

親権者の指定のみならず、その他の請求があるときは、慰謝料、財産分与、養育費についても、ここで取り決められることになります。ただし、離婚訴訟においても、裁判所が双方に和解勧告をし、これに応じて裁判上の和解をする場合も多いのが実状です。

 

「調停離婚」か「裁判離婚」かは、戸籍に残ってしまう

2017年に最高裁判所から公表された結果では、離婚訴訟の一審の平均審理期間は12.9ヵ月。(最高裁判所・事務総局家庭局人事訴訟事件の概況より)

 

最初から訴訟することができず、まずは「調停」をしないといけない(=調停前置主義)ので、調停にだいたい半年くらいかかると考えると、家庭裁判所に事件を持ち込む準備をしてから、離婚訴訟まで進み、最終的な結論が出るまでの間、おおむね、2年近くかかることになります。

 

なお、結論に対してどちらかが高等裁判所に控訴すると、そこから少なくとも半年程度かかります。なかには、最高裁に上告する場合もあり、そうなると3年以上かかることになるのです。

 

そして、戸籍には調停離婚なのか、裁判離婚なのかが残ってしまいます。調停離婚の場合、戸籍上は「離婚の調停成立日」と記載されるのに対し、裁判離婚の場合、戸籍上は「離婚の裁判確定日」と記載されるので、のちに戸籍の記載を見れば、調停離婚した事実、裁判離婚した事実自体は分かってしまいます。

「裁判離婚」では弁護士を雇わざるを得ないのか?

離婚協議→離婚調停…と、当事者のみで対応してきた方であっても、離婚訴訟となると、訴状や準備書面の作成が必要となり、最終的には証人尋問(正確には「当事者尋問」)を行うことになるので、弁護士を起用する場合がほとんどです。

 

いずれにせよ、離婚を求める「原告」となる場合、離婚を求められている「被告」となる場合、それぞれ、裁判を有利に進めるためには、主張だけではなく、これを裏付ける証拠の組成が重要になります。

 

夫婦の事案は、やはり双方、感情的になりがちですが、どんな事実を提示すれば良いのか、何を証明すれば良いかなど、裁判には冷静な判断が求められます。弁護士の起用も含め、一度方針をよく確認することをお勧めします。

 

 

水谷江利

世田谷用賀法律事務所弁護士

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

世田谷用賀法律事務所 代表 弁護士

東京都立大学卒業後、新卒で大手弁護士事務所に入社、渉外企業法務を志して弁護士に。「もっと人の人生の近くで仕事がしたい」との思いから、2015年世田谷用賀法律事務所を開所。現在は個人の相続、離婚、不動産を中心に、国際離婚や企業顧問なども多く取り扱う。英語対応可能。東京弁護士会所属。東京都世田谷区所在。 https://setayoga.jp/aboutus.html

著者紹介

連載世田谷の家事弁護士が監修!実例では描けない相続&離婚ショートストーリー

本連載は、「世田谷用賀法律事務所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧