世界株安を引き起こした2つの懸念材料 (※画像はイメージです/PIXTA)

MSCI先進国株指数は9月28日、約11ヵ月ぶりに100日移動平均線を下回った。前回この指数が100日移動平均線を割ったのは米大統領選挙直前のことだったが、当時と比較して今回のVIX指数は比較的穏やかに推移している。直近の世界株安のきっかけは、特定のイベントを嫌気した突発的な「リスク・オフ」ではなく、「ファンダメンタルズの悪化」に起因する可能性が高い。

約11ヵ月ぶりに100日移動平均線を割った先進国株指数

MSCI先進国株指数(米ドル建て)は、9月28日に100日移動平均線をおよそ11ヵ月ぶりに下回り、10月1日現在もその移動平均線を下回った状態だ(図表1)。

 

日次、配当込み、米ドル建て、2019年12月31日=100で指数化 期間:2019年12月31日~2021年10月1日 MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD) 出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成
[図表1]MSCI先進国株指数の推移 日次、配当込み、米ドル建て、2019年12月31日=100で指数化
期間:2019年12月31日~2021年10月1日
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD)
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成

 

MSCI先進国株指数が前回100日移動平均線を下回ったのは2020年10月28日~11月2日であり、まさに11月3日の米大統領選挙を控えて相場の先行きに不透明感が高まった時期だった。しかし、VIX指数で見ると今回は当時の状況とは明らかに異なる。

 

別名「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数(終値)は、2020年10月28日に40.28をつけており、マーケットの緊張感がかなり高まっていたことが確認できる。しかし、今年9月28日のVIX指数(終値)は前日の18.76から23.25まで上昇したとはいえ、米大統領選挙前の水準と比較すればかなり穏やかだったと言える(図表2)。

 

日次、期間:2019年12月31日~2021年10月1日 VIX指数:CBOE(S&P500)Volatility Index 出所:ブルームバーグよりピクテ投信投資顧問作成
[図表2]VIX指数の推移 日次、期間:2019年12月31日~2021年10月1日
VIX指数:CBOE(S&P500)Volatility Index
出所:ブルームバーグよりピクテ投信投資顧問作成

 

ここから推察されることは、今回引き起こされた世界株安のきっかけが、特定のイベントを嫌気した突発的な「リスク・オフ」によるものではなく、2つの懸念材料によって積み上げられた「ファンダメンタルズの悪化」に起因する可能性が高いということだ。

①中国の景気減速と②グローバルなインフレの高止まりが懸念材料に

その2つの懸念材料とは、①中国の景気減速懸念と、②(日本を除く)グローバルなインフレ懸念だ。①に関しては、中国恒大問題や電力不足が中国経済の下振れリスクにつながっている。②に関しては、特にアジアにおける新型コロナ感染拡大に伴う生産停止やサプライチェーンの停滞等がインフレの高止まりを引き起こし、消費者マインドを悪化させている。

 

この2つの懸念材料は企業業績の悪化にも直結する。中国経済が減速すれば、中国の売上比率が高いグローバル企業の業績への影響は避けられない。また、インフレ圧力が高まれば、価格決定力が弱い企業は収益性が低下するリスクにさらされる。さらに、生産停止やサプライチェーンの停滞が長引けば、今年の年末商戦までに在庫を確保できない可能性もある。実際、前述した要因で市場予想を下回る決算を発表し、株価が急落する企業も散見されはじめている。

 

このように世界株を取り巻くファンダメンタルズは、以前ほど良好ではなくなってきている。足元の世界株の下落は、中国の景気減速とグローバルなインフレ圧力に伴う企業決算の下振れリスクを織り込みにいく過程で生じた可能性がある。

 

しかし、だからと言って悲観一色になる必要も無いだろう。現在、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬が治験の最終段階に入っている(図表3)。

 

出所:各種資料よりピクテ投信投資顧問作成
[図表3]新型コロナウイルス感染症の経口治療薬開発状況 出所:各種資料よりピクテ投信投資顧問作成

 

米メルクのCEOは、米国において同治療薬の緊急使用許可(EUA)が年内に下りる可能性があると明かしており、新型コロナ対策において「ゲーム・チェンジャー」になることが期待される。経済正常化に向けて景気が再加速するシナリオにも注目だ。

 

 

※個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『世界株安を引き起こした2つの懸念材料』を参照)。

 

(2021年10月4日)

 

田中 純平

ピクテ投信投資顧問株式会社 ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【10/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【10/21開催】徹底比較!「東南アジア」5ヶ国6都市不動産投資環境

 

【10/21開催】短期償却&長期安定収益狙いの「新規事業投資」徹底比較

 

【10/27開催】コロナ禍におけるM&Aの最新事情と案件説明会

 

【10/27開催】2022年の日本株式市場は?マーケットの見通しを解説!

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

【11/10開催】企業オーナー向け「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【11/10開催】異色の運用会社による、絶対収益を追求するヘッジファンド戦略とは?

ピクテ投信投資顧問株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとしてセミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧