白衣を脱いでも落胆されない「医師にこそ似合う休日カジュアル」とは (※画像はイメージです/PIXTA)

WEB媒体の増加により、医師のメディア露出が増えた昨今、そのライフスタイルにも注目が集まっている。個性ももちろん重要だが、医師としてのイメージを崩さない装いとはどのようなものなのか。医師にこそ似合うカジュアルファッションについて、イメージコンサルタントの廣田友紀氏に解説してもらった。

私服とのギャップがすごい「医師のファッション」

「身だしなみは相手のために、おしゃれは自分のために」という言葉があります。言い換えると、仕事の場面(ON)では相手のために身だしなみを整え、プライベート(OFF)では自分のためのおしゃれを楽しむという事です。

 

慌ただしい日常ゆえ、休日、自宅でリラックスしている時の服装はTシャツに短パンというラフなスタイル、家族で買い物に出掛けるとなればジーンズにスニーカーという方も多いと思います。

 

仕事の時はスマートに白衣を纏うお医者様の、そんな休日のスタイル。
せっかくならプライベートの時にだって、センス良く知的に、より素敵に見せてくれる洋服を選びたいものです。

 

しかしながら、先日、総合病院で薬剤師をしている妹から気になる話を小耳に挟んでしまいました。

 

「白衣姿が素敵な先生の私服が残念だった」という衝撃的な事実。

私服まで期待されがちな医師

なぜ妹はそんなに落胆してしまったのでしょうか。

 

ブランドやTPOにあったコーディネートにそれほど興味がない方や、そもそもファッションにこだわりがない方はたくさんいらっしゃいます。

 

しかしながら、普段から知的なイメージの代表とも言える医師の皆さまであるからこそ、見た目に対する周囲からの期待値も高く、白衣と私服のギャップはスーツ姿のビジネスマンよりも大きくなってしまうのかも知れません。

 

お医者様という仕事であるからこそ、OFFの装いやライフスタイルにさえも、期待の眼差しが向けられているのです。

 

イメージコンサルタント/マナー講師

石川県出身。大学を卒業後、小さい頃から夢だった客室乗務員の世界へ。
国内大手航空会社に就職し、国際線・国内線を乗務。
退職後はイメージコンサルタント養成スクールにて、必要なスキルや資格を取得。サロン経営者、婚活女性や働く女性を対象に『ワンランク上の』印象アップのイメージコンサルティングを行っている。また男性向けにも、外見やマナーのビジネスにおける重要性を伝えている。

ICBI認定イメージコンサルタント
(財)生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント
一般社団法人イメージプロデュース協会認定イメージコンサルタント
骨格診断アナリスト協会認定上級アナリスト
パーソナルカラー診断アナリスト
メイクアップアドバイザー
ウォ―キングアドバイザー
マナーアドバイザー
秘書技能検定準1級

公式ブログ https://ameblo.jp/mohmohmowmow/

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!