待合室にあると患者さんがなごむ絵本【秋におすすめ・0歳〜大人まで】 (※画像はイメージです/PIXTA)

病院の待合室には独特の緊張感が漂う。所在無げに、置いてある本に手を伸ばすこともあるだろう。普段読まないようなジャンルの本を手に取るかもしれない。絵本などはそのひとつだ。絵本は子どもから大人まで楽しめ、意外と夢中になって読んでしまうことも。待合室で読むと、ほどよく緊張をほぐしてくれるような絵本にはどんなものがあるのか、絵本研究家のてらしまちはる氏に伺った。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

待合室で患者さんをなごませてくれる良質な絵本を紹介

コロナ禍のいま、絵本ブームが来ています。絵本は、生まれたての赤ちゃんから大人まで、全年齢的に楽しめるメディアです。また、体をあまり動かせない時にも、絵本のイメージの中でなら遊べることは多く、読み手に心地よい興奮や心の安らぎをもたらしてくれることがあります。さまざまな状況の患者さんが集まる待合室で、彼らをなごませてくれる良質な絵本群を、ここでは年代別に紹介します。

0・1・2歳向けのパン絵本『ぽんちんぱん』

食欲の秋です。0・1・2歳児向けには、パンの絵本『ぽんちんぱん』(柿木原政広、福音館書店)をおすすめします。食に興味を抱き始めた時期の子どもたちが、好んで読む一冊です。

 

『ぽんちんぱん』
『ぽんちんぱん』

 

表紙をめくると、大きな食パンが一枚あります。そこには、こんな文章がつけられています。「ぱんぱん しょくぱん ぽん ちん ぱん」。

 

やさしく弾けるような、リズムのある言葉です。口に出して読むだけで、自然と節がついてきます。その言葉を唱えながら、ページをめくると……。

 

「ちぎちぎ ぱっぱで ぽん ちん ぱん」の言葉とともに、目と口のつけられたさっきの食パンが、にっこり笑ってこちらを見ています。「ちぎちぎ」というからには、パンをちぎって顔をつけたのでしょう。画面をお見せできないのが残念ですが、ふんわりとあたたかな笑顔が魅力的です。

 

次に出てきたのは、ロールパンです。つやっつやで、おいしそう。やっぱり「ぱんぱん ロールパン ぽん ちん ぱん」とリズムの楽しい文章がついていて、ページをめくると、びっくりしたような顔が現れます。

 

大人にしてみれば、パンに顔がつくだけの、何でもない絵本に思えるかもしれません。しかし、小さな子どもたちには、少しのこの変化がとても愉快なものなのです。

 

いつも見ている身近な食べ物に、顔がついて、こっちに微笑みかけているということ。読んでくれる人の、やさしい節まわし。そうした色々が安心感となって、画面をのぞきこむ子どもたちを包み込みます。

 

実はこれは、写真絵本です。赤ちゃん向けの写真絵本は、さほど数が多くないのですが、『ぽんちんぱん』のように写真か絵かの見分けがつかない撮り方をしているものは、なかでも珍しい存在でしょう。読んであげる立場の大人にも、じっと見る面白さがあります。

 

0歳の赤ちゃんから、2〜3歳ごろの子まで、男女問わず気にいる子の多い一冊です。

3〜4歳向けのかけっこ絵本『おやおや、おやさい』

せっかく待合室に揃えるのなら、面白くて仕方のない絵本ばかりにしたいものですね。次に紹介する『おやおや、おやさい』(石津ちひろ/文、山村浩二/絵、福音館書店)も、そんな一冊です。

 

トマト、アスパラ、ラディッシュなど、たくさんの野菜が登場するにぎやかな物語です。

 

『おやおや、おやさい』
『おやおや、おやさい』

 

『おやおや、おやさい』では、野菜たちのマラソン大会を、スタートからゴールまで追いかけて描きます。3〜4歳ごろの子どもたちは、「かけっこ」の経験がある子も多いので、臨場感をもって楽しめそうです。

 

さて、彼らの攻防に一段と彩りを添えるのが、秀逸なだじゃれ遊びの数々です。ページの中には、こんな言葉が踊ります。

 

「そらまめ そろって マラソンさ」

 

「にんきものの にんにく きんにく むきむき」

 

「かぼちゃの ぼっちゃん かわに ぼちゃん」

 

言葉遊びの名手、石津ちひろの手にかかった一文一文は、こうして読んだだけでも、心くすぐられるものがあります。

 

さらに、本書の粋なところは、アニメーション作家の山村浩二が絵を担当していることです。

 

マラソンの光景を描くとなると、普通なら「走る選手と沿道の観客」といった似たような画面ばかりになりそうなものです。けれど、そこは「流れ」を意識してつくられるアニメーションの世界に身を置く、山本のこと。どの見開きもアングルの妙で、くるくるとよく動く物語に仕立て上げられています。

 

静止画なのに、イメージ上では動きが存分に感じられる−−。このことに気づいた時、特に大人には感動が大きいように思います。もちろん、そんなことを考えずに子どもが読んだとしても、自然と体感されるものです。

 

ところで、スタート地点ではにんにくやパセリが快調ですが、最後に金メダルをとるのは、一体だれなのでしょうか? 何度読んでもレースの行方に、終わりまで手に汗を握ってしまいます。

絵本研究家/ワークショッププランナー/コラムニスト/講師

絵本編集者ののち、東京学芸大学大学院で美術教育の観点から、初期こどものとも研究、絵本ワークショップ研究、幼児の造形活動観察を行い、学術論文を発表している。コラム執筆のほかに、美術系ワークショップ、大学等でのゲスト講義を展開する。教育学修士。絵本ナビスタイル連載「子どもの視点でストン!とわかる絵本〜てらしま家の絵本棚から〜」https://style.ehonnavi.net/post-series/19415

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧