「呼吸するのも大変」80代患者がクルーズ旅行で起こした奇跡 ※画像はイメージです/PIXTA

病気という苦痛の種を抱えた「在宅療養」生活、いつも笑顔でいることは簡単なことではありません。しかし、明るく前向きな行動は、病状に変化をもたらすことがあります。在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき院長の宮本謙一氏が実際に診た、80代女性・50代男性の2つの事例について解説していきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者Bさん(80代女性)

私は、どんなに重い病状の方でも人生を楽しむことは可能であり、楽しむことで自然と笑いが溢れる素敵な在宅療養生活を送ることができると信じています。

 

私が訪問診療していた慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者Bさん(80代の女性)のケースを紹介します。

 

COPDはゆっくりと進行していく病気で、簡単にいうと肺が「ボロボロ」になっていき、ちょっと動いただけでも息切れがひどく、在宅酸素療法を導入して常時酸素を吸っていてもだんだん動けなくなっていきます。

 

動けないので食欲も低下し、また呼吸をするのが大変でどんどんエネルギーを消費するため、次第に痩せていきます。痩せて筋力が低下すると、ますます呼吸が苦しくなります。このように悪循環に陥っていくのがこの病気の怖いところです。

 

そして、呼吸の予備力(ゆとり)がないため、ちょっと風邪をこじらせただけでも命取りになります。

 

Bさんも著しく痩せて、息切れもひどく、家の中で歩くのも大変な状態になっていました。常に息切れするような状態だと、多くの方は生きること自体が嫌になり、うつ状態に陥ります。Bさんも、心身ともに日に日に元気がなくなっていきました。

 

晩秋の頃、Bさんから相談を受けました。来年の春に約1ヵ月間、旦那さんと一緒に、日本から周辺の国を巡る豪華客船のクルージングに行きたい、とのことでした。

 

正直にいって、Bさんは、病状的には「この冬を乗り切れるかどうか五分五分」といった状況でした。私は医師として許可するべきかどうか少し悩みましたが、旅行を楽しみにしているキラキラした目の患者さんを見て、すぐに迷いは吹き飛びました。「楽しくクルージングに行けるよう、この冬を元気に乗り越えましょう!」と即答し、その日から準備が始まりました。

 

Bさんや旦那さんが、すぐに旅行会社や在宅酸素の会社に連絡を取って必要な手続きを確認し、私が英文の診断書を作成するなどの必要な手続きを行いました。来年春のクルージングが目標となった瞬間から、明らかにBさんは元気を取り戻しました。

在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき 院長 医学博士

奈良県立医科大学卒業後、同大学の医局「第2内科」に入局。

第2内科の専門は喘息、肺気腫などの慢性呼吸不全、肺がんなどの呼吸器疾患、感染症、白血病など。病棟にて多くの患者の「緩和ケア」や「看取り」を経験。

誰もがいつかは「死」を迎えるという当たり前の事実に対して医師として何ができるかを考え、医師になって7年後に公衆衛生医師となる。

治らない病気をその手前で食い止めること、すなわち病気の予防に力を入れる。具体的には結核や新型インフルエンザなどの感染症対策、小児救急医療や周産期医療に関連する児童虐待対策、がん対策や生活習慣病対策などに従事。

2011年3月、東日本大震災の被災地の自治体や保健所に長期間派遣されたことを機に、もう一度、現場の医師として歩むことを決意。

その後、在宅医療の現場にたどり着くなかで「笑いヨガ」と出会い、「笑い」を在宅医療に取り入れる活動を行っている。がんや認知症を含めさまざまな疾患のある方に、在宅で穏やかに、楽しく過ごしてもらうことがモットー。

著者紹介

連載在宅医療を楽しみ、たくさん笑って過ごすために

※本連載は、宮本謙一氏の著書『在宅医療と「笑い」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

在宅医療と「笑い」

在宅医療と「笑い」

宮本 謙一

幻冬舎メディアコンサルティング

在宅医療は、通院が難しい高齢の慢性疾患の患者さんや、がんの終末期の患者さんなどが、自宅で定期的に丁寧な診察を受けられる便利な制度です。 メリットは大きいのですが、うまくいかないときもあります。 医師や看護師…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧