病院で「鼻からチューブ」抵抗すると縛られ…患者が選んだ最期 ※画像はイメージです/PIXTA

病院で管に繋がれる延命治療と、在宅療養。どちらが幸せかは、人それぞれ異なるもので、強要できるものではありません。ここでは、在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき院長の宮本謙一氏が、実際に診た80代男性の事例について解説していきます。

「チューブから栄養剤」嫌がる患者が出した答えは…

Dさん(80代の男性)は脳梗塞と、それに伴うさまざまな合併症により一時的に意識障害をきたし、その後長期入院を余儀なくされていました。

 

Dさんは寝たきり状態となり、嚥下機能検査(どれだけうまく食べ物を飲み込むことができるか)で「重度の嚥下障害で回復の見込みなし」と診断され、嚥下機能改善を目指したリハビリテーションを受けることもなく、鼻から胃の中にチューブ(経鼻胃管)を入れられたまま、そこから強制的に栄養剤を投与される生活となりました。

 

Dさんは必死で抵抗し、何度も経鼻胃管を手で引き抜き、口から食べさせてくれと訴えましたが、その後は安全のために手足を布で縛られて抵抗できなくなりました。

 

こんな状態では生きている意味がないと、見るに見かねた家族が主治医に退院を申し入れましたが、「家に帰ったら必ず数日以内に死に至ります」と拒絶されました。

 

そこで家族から相談を受けた私たちが在宅の医療サービス(訪問診療、訪問看護、訪問薬局)と介護保険サービス(ケアマネジャー、訪問介護、訪問入浴、介護用品等)の態勢を整えたうえで病院と交渉したところ、「二度とその病院に入院はしない」という条件付きで、やっと退院することができたのでした。

 

Dさんは、かつて有名企業の社長を務めた、とても威厳がある方で、普段はとても強面でした。しかし、退院直後に私が経鼻胃管を抜去し、とろみ付きの果汁を少し口に入れてあげると、溢れんばかりの笑顔で、涙ながらに大喜びしていました。

 

経鼻胃管が入っていると、より嚥下が困難となり、唾液もうまく飲み干せず、誤嚥性肺炎のリスクが上がるとの考え方もあります。

 

実際にDさんも、入院中は口から何も食べたり飲んだりしていないにもかかわらず肺炎を繰り返していましたが、退院後は少しずつとろみ付きの食べ物やゼリー状の食べ物を口から食べられるようになり、肺炎を発症する頻度が減少しました。

在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき 院長 医学博士

奈良県立医科大学卒業後、同大学の医局「第2内科」に入局。

第2内科の専門は喘息、肺気腫などの慢性呼吸不全、肺がんなどの呼吸器疾患、感染症、白血病など。病棟にて多くの患者の「緩和ケア」や「看取り」を経験。

誰もがいつかは「死」を迎えるという当たり前の事実に対して医師として何ができるかを考え、医師になって7年後に公衆衛生医師となる。

治らない病気をその手前で食い止めること、すなわち病気の予防に力を入れる。具体的には結核や新型インフルエンザなどの感染症対策、小児救急医療や周産期医療に関連する児童虐待対策、がん対策や生活習慣病対策などに従事。

2011年3月、東日本大震災の被災地の自治体や保健所に長期間派遣されたことを機に、もう一度、現場の医師として歩むことを決意。

その後、在宅医療の現場にたどり着くなかで「笑いヨガ」と出会い、「笑い」を在宅医療に取り入れる活動を行っている。がんや認知症を含めさまざまな疾患のある方に、在宅で穏やかに、楽しく過ごしてもらうことがモットー。

著者紹介

連載在宅医療を楽しみ、たくさん笑って過ごすために

※本連載は、宮本謙一氏の著書『在宅医療と「笑い」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

在宅医療と「笑い」

在宅医療と「笑い」

宮本 謙一

幻冬舎メディアコンサルティング

在宅医療は、通院が難しい高齢の慢性疾患の患者さんや、がんの終末期の患者さんなどが、自宅で定期的に丁寧な診察を受けられる便利な制度です。 メリットは大きいのですが、うまくいかないときもあります。 医師や看護師…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ