「お酒を飲みたい」胃ろう・80代男性の願い…医師が危険を覚悟で聞き入れたワケ ※画像はイメージです/PIXTA

在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき院長の宮本謙一氏は「どんなに重い症状の方でも人生を楽しむことは可能であり、在宅療養生活では、入院生活とはまた違った笑いあふれる日々を過ごすことができる」と語ります。ここでは同氏が実際に診た、2人の男性患者の事例について解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

嚥下障害の患者が「お酒を飲みたい」と言い…

入院生活ではなく在宅療養を選択する理由は人それぞれですが、お酒が大好きで、自由に飲みたいから家にいたいという方もいます。

 

脳梗塞後遺症で嚥下障害を合併し、胃ろうから栄養剤を投与している患者Fさん(80代の男性)は、認知症も進行しており、次第に怒りっぽくなり、家族も手を焼いていました。

 

ある日、Fさんの診察に訪れた私は、異変に気づきました。明らかに顔が赤くほてっていたのです。

 

最初は熱があるのかと思い、すぐに体温を測りましたが正常でした。いつもより機嫌が良さそうな患者さんの顔に近づいたとき、その原因に気づきました。「お酒、飲ませましたね?」と息子さんに尋ねると、少しばつが悪そうに「だって、飲みたい飲みたいって言うから、ちょっとだけ……」とのこと。

 

確かにFさんの嚥下障害は軽度で、頑張ってリハビリをすれば口からもある程度食べたり飲んだりできそうでしたが、リハビリが頑張れず、断念していました。

 

ちょっとくらい、いやちょっとではないかもしれませんが、大好きなお酒だからこそ上手に飲めたのでしょう。病院なら、こんな勝手なことをしたら、即退院させられるかもしれません。しかし、ここは自宅です。好きなように振る舞って良いのです。

 

私たちは指導や助言はできますが、何も強制することはできません。私は、誤嚥を防ぐ安全な飲み方、姿勢や介助の仕方などを助言し、Fさんにとっての適量を一緒に考え、お酒を続けてみることにしました。

 

すると、家族に暴力を振るうほど怒りっぽかったのが嘘のように、いつも笑顔で機嫌良く穏やかに過ごせるようになり、介護する家族みんなの笑顔も戻ってきました。一時は副作用覚悟で鎮静剤を使うことも検討していたのに、まさに結果オーライです。

 

Fさんはその後、さらに認知症が進行して、発語もなくなり、お酒を飲むのも難しくなってきました。そこで家族と相談し、胃ろうから少量のお酒を入れても良いこととしました。

 

効果はてきめんで、険しい表情のときにお酒を入れるとみるみる表情が変わり、笑顔になるとのことでした。どんな病状でも、言葉はなくても「笑いは大事」であると心の底から実感させてくれたケースでした。

在宅療養支援クリニック かえでの風 たま・かわさき 院長 医学博士

奈良県立医科大学卒業後、同大学の医局「第2内科」に入局。

第2内科の専門は喘息、肺気腫などの慢性呼吸不全、肺がんなどの呼吸器疾患、感染症、白血病など。病棟にて多くの患者の「緩和ケア」や「看取り」を経験。

誰もがいつかは「死」を迎えるという当たり前の事実に対して医師として何ができるかを考え、医師になって7年後に公衆衛生医師となる。

治らない病気をその手前で食い止めること、すなわち病気の予防に力を入れる。具体的には結核や新型インフルエンザなどの感染症対策、小児救急医療や周産期医療に関連する児童虐待対策、がん対策や生活習慣病対策などに従事。

2011年3月、東日本大震災の被災地の自治体や保健所に長期間派遣されたことを機に、もう一度、現場の医師として歩むことを決意。

その後、在宅医療の現場にたどり着くなかで「笑いヨガ」と出会い、「笑い」を在宅医療に取り入れる活動を行っている。がんや認知症を含めさまざまな疾患のある方に、在宅で穏やかに、楽しく過ごしてもらうことがモットー。

著者紹介

連載在宅医療を楽しみ、たくさん笑って過ごすために

※本連載は、宮本謙一氏の著書『在宅医療と「笑い」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

在宅医療と「笑い」

在宅医療と「笑い」

宮本 謙一

幻冬舎メディアコンサルティング

在宅医療は、通院が難しい高齢の慢性疾患の患者さんや、がんの終末期の患者さんなどが、自宅で定期的に丁寧な診察を受けられる便利な制度です。 メリットは大きいのですが、うまくいかないときもあります。 医師や看護師…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!