「待ち時間が短いクリニック」が使っている業務連絡の「神器」 (※写真はイメージです/PIXTA)

「日本一忙しい小児科医」と言われる筆者が1日に診る患者数は平均200人。一般の医師にとっては1日100人でも驚異的な数字です。なぜ、これだけの患者を診ることができるのか? それはムダを最大限カットするために様々な工夫を行っているからです。本稿ではその工夫の一例として、紙カルテとシールを使った、アナログながら超効率的な伝達術を見ていきましょう。

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

電子カルテ、紙カルテの「併用」で業務を効率化

ここ数年で、カルテの電子化が進みました。厚生労働省の「電子カルテシステム等の普及状況の推移」によれば、2008年における一般診療所の電子カルテシステム導入率は14.7%だったのに対し、2017年には41.6%に上昇しています(図表1)。

 

出典:厚生労働省「電子カルテシステム等の普及状況の推移」
[図表1]電子カルテシステム等の普及状況の推移 出典:厚生労働省「電子カルテシステム等の普及状況の推移」

 

〈オンライン診療に新たな革命/ラディアル型オンライン診療システムとは?〉

イシャチョク®プラットフォーム
ダウンロード資料はコチラ>>

 

しかし私は、今も紙のカルテを電子カルテと併用しています。そのほうが、スタッフとの伝達効率を高められるからです。

 

例えば、ある患者にインフルエンザの疑いありと判断した場合、私はカルテに「インフルエンザ」というシールを貼ります。

 

すると私の後ろに位置している看護師は、シールを見た瞬間、すぐにインフルエンザの検査キットを準備します。そして私が患者にインフルエンザの検査をすると伝えるときには、すでに検査が始められる状態になっています。

 

ものづくりの現場では、ムダを省いて業務効率をさらに高めるために「カイゼン活動」を行います。その一環で、前の工程が遅れてスタッフが手持ちぶさたな状態になる「手待ち」、作業と作業の間に空き時間ができる「手すき」、いったん進んだ工程を後戻りさせる「手戻り」、予定どおりの製品がつくれず修正する「手直し」といったムダを極限まで減らすための工夫をするのです。

 

こうした考え方を取り入れることは、医療現場にも必要だと私は考えています。旧来の手順に含まれていたムリ・ムダ・ムラを減らすことで、診察を効率化し、時間短縮につなげるのです。

 

古いやり方を無批判に受け入れず、より良い方法はないかと常に模索しましょう。そうして効率化が図れれば、クリニックの経営に寄与するだけでなく、スタッフのムダな動きが減って働きやすい職場がつくれたり、患者の待ち時間が減って満足度が高まったりするなどのプラスをもたらします。

 

電子カルテには、検索性の高さ、情報共有の容易さ、場所を取るカルテ棚が廃止できるなどたくさんのメリットがあります。一方、局面によっては、電子カルテより紙カルテのほうが優れていることも多いのです。

 

〈オンライン診療に新たな革命/ラディアル型オンライン診療システムとは?〉

イシャチョク®プラットフォーム
ダウンロード資料はコチラ>>

あなたにオススメのセミナー

    すずきこどもクリニック 院長/株式会社オンラインドクター.com CEO 

    すずきこどもクリニック(小児科):http://www.suzukikodomo.jp/

    【経歴】
    自治医科大学卒業
    三重大学小児科入局
    三重県立総合医療センター(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
    国立病院機構三重中央医療センター(新生児集中治療室を担当)
    国立病院機構三重病院 (小児急性期病棟、アレルギー・糖尿病・腎臓病慢性期病棟、重症心身障害児病棟を担当)
    山田赤十字病院(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
    紀南病院(小児科医長)
    平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
    2020年10月、株式会社オンラインドクター.comを設立。CEOに就任

    イシャチョク:https://ishachoku.com/

    【資格】
    日本小児科学会認定小児科専門医、日本小児アレルギー学会
    日本小児皮膚科学会、日本小児精神神経学会
    (ケアマネジャー資格)(日本老年医学)(日本認知症学会)

    著者紹介

    連載「3分診療」で収益倍増!開業医を救うオンライン診療

    ※本連載は、鈴木幹啓氏の著書『開業医を救うオンライン診療』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    開業医を救うオンライン診療

    開業医を救うオンライン診療

    鈴木 幹啓

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「3分診療」で収益倍増! 1日で最大350人もの外来患者を診る地方開業医が、開業医受難時代の起死回生の一手を語る。 新型コロナウイルス感染拡大で多くの患者が受診控えを行ったことにより、開業医は苦境に立たされてい…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ