50代会社員…お金の心配をする人が気づかない「本当の課題」 (画像はイメージです/PIXTA)

人生という長い時間をどのようにマネジメントしたらいいのでしょうか。人生80年時代に対応した「新・孔子の人生訓」で考えると、50代は3期にわたるキャリアの2期目の始まりにしかすぎません。むしろ飛躍のチャンスととらえるべきだといいます。本連載は、久恒啓一氏の著書『50歳からの人生戦略は「図」で考える』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

50代は「人生の後半戦の始まり」ではない

50代になると、「いよいよ自分の人生も後半戦に入る」と思いがちです。

 

しかし、50代からの人生戦略を経て、ライフデザインを描くうえで、まず必要なのはこの考え方を根底から変える意識改革です。

 

では、50代をどのように位置づければいいのでしょうか。

 

日本人の標準的な生き方の規範は、古代中国の思想家、孔子の次のような人生訓に由来します。孔子は『論語』のなかでこう述べています。

 

****************

「吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わざる。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)う。七十にして心の欲する所に従えども矩(のり)を踰(こ)えず」

 

15歳のときに学問に志を立てる。30歳のときに自己の見識を確立し、独立する。40歳でものごとの道理を理解し迷いがなくなる。

 

そして、50歳になって初めて自分の人生についての天命、運命が何であったかがわかる。

 

以降、60歳では他人の意見に反発を感じず、素直に耳を傾けられるようになり、70歳になったら、自分の心の思うままに行動してもけっして道徳から外れないと説く。

****************

 

このほか、織田信長が好んで舞ったとされる幸若舞「敦盛」の一節、「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり……」も、日本人にはよく知られています。

 

これらのことから、日本人の思考のなかに「人生50年」としてとらえる観念が根強く染みつき、40歳は「不惑」、50歳は「知命」という孔子の人生訓から抜け出せずにいるように思われます。

 

そこから、「50歳は人生の後半戦の始まり」ととらえる意識が生まれるのでしょう。

 

しかし、改めていうまでもなく、日本人の平均寿命は80歳を超え(男性81.41歳、女性87.45歳=2020年)、多くの人が高齢でも活力ある生活を送っています。そして、世界でも最も高齢化が進む日本では、「人生100年時代」が現実のものになろうとしています。

 

孔子の人生訓のなかの年齢区分を、人生80年時代といわれた時代に再定義すると、おおむね1.6倍にして考えるべきであると私は考えていました。昔の「三十」はいまの50歳に、「四十」は65歳に、「五十」は80歳に置き換わります。

多摩大学大学院 客員教授
宮城大学 名誉教授
多摩大学 名誉教授 

1950年、大分県中津市生まれ。九州大学法学部卒業。

1973年、日本航空に入社。広報課長、経営企画担当次長などを歴任した。一方、社外の「知的生産の技術」研究会で活動を重ね、図解コミュニケーションの理論と技術を開発し、1990年に初の単著『コミュニケーションのための図解の技術』(日本実業出版社)を刊行した。

1997年、早期退職し、新設の県立宮城大学教授(事業構想学部)に就任。学生部長、キャリア開発室長、大学院研究科長、総合情報センター長、学長補佐などを歴任。また、国土交通省や経済産業省の環境政策、人材育成の研究会委員、宮城県の行政改革、長期総合計画、農業など27の委員会委員長、委員を務めるなど地域活性化に貢献した。

2008年、多摩大学経営情報学部教授に就任。2012年、経営情報学部長、2015年、副学長、2019年、多摩大学特任教授、多摩大学総合研究所所長を歴任し、2021年より現職。

NPO法人知的生産の技術研究会理事長。「日本人のアタマの革命(図解)とココロの革命(人物研究)」をライフワークとする。両分野の著書は100冊以上、『久恒啓一図解コミュニケーション全集』全10巻(日本地域社会研究所)を刊行中。

久恒啓一図解WEB:http://www.hisatune.net/
図解塾:https://note.com/metakit/m/mf7154ea1785b

著者紹介

連載50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

久恒 啓一

プレジデント社

「人生鳥瞰図」で仕事も人生もうまくいく! 大人のためのキャリアデザインの教科書。 私は日本人の「アタマの革命(図解)」と「ココロの革命(遅咲きの人物伝)」の二つをライフワークとしている──。 こう語るのは、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧