財産分与と養育費でウハウハ生活。腹黒看護師のまさかの誤算 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本国内ではステータスが高く、女性が「結婚したい職業」では常に上位にランキング入りする医師。一方で離婚率が高い職業という説があり、「24時間相談受付」「LINEのIDを公開」するという型破りのスタイルで依頼を受けている銀座さいとう法律事務所の代表、齋藤健博弁護士のもとにも、医師のリコカツ(離婚活動)案件が殺到しているといいます。今回は、実際に齋藤弁護士に寄せられた実例をレポートします。※弁護士業の守秘義務遂行のため、一部の内容変更をご了承ください。

妻が請求した金額は2億円

医師の及川雅人さん(仮名/36歳)は、子どもの教育方針の違いから妻の紗栄子さん(仮名/38歳)と別居。雅人さんには実は新たな恋人で同棲している彩菜さん(仮名/23歳)がいますが、事実を隠して紗栄子さんと離婚に踏み切ろうとしています。憶測ですが、紗栄子さんは雅人さんの不貞に気づいていた模様。離婚調停で一緒に暮らしている8歳の長男と、6歳の長女のために、紗栄子さんが請求した養育費とは――。

 

「一子につき1億円、合計2億円です」(齋藤弁護士)

 

筆者がネットで調べた北陸銀行の調査によると、大学卒男性の生涯賃金は平均2.92億円。生涯賃金に近い養育費を請求したのは、雅人さんの高年収が起因でした。

 

「当時、雅人さんは年収8000万円を稼いでいました。医師としての収入と、夜勤の病院でのアルバイトだけではありません。彼は不動産投資をしていて、全国にマンションの一室を複数所有していた。その副収入を含めた総額年収を、紗栄子さんも把握していたのでしょう」(齋藤弁護士)

 

しかし雅人さんは、所有するマンションを貸し出すだけではなく、自身の下半身の欲望を満たすためだけの、不純な動機でも活用していたようで……。齋藤弁護士が話を続けます。

下半身の欲望を満たすマンションの一室

「下品な表現ですが、“隠れ家”をいくつか持っていると言っていました。医師は学会で出張することが多いので地方と、ほかには都内にも数軒を。彼のケースに限りませんが、都内の“隠れ家”は、広尾や麻布、赤坂などに多い印象です」

 

女性の方々もこの記事をご覧になってくださっていると信じて記しますと。“隠れ家”を所有している男性は、雅人さん以外にも存在すると仮定しておいたほうがいいようです。筆者は呼ばれた経験がないので周囲の男性に話を聞いたところ、存在していました。20代後半で、親が購入したマンションの一室を“隠れ家”として使用している、広告代理店に勤めている男性が。彼は格闘技など体を動かす系の趣味を多く持つ男性で、その男性の知人が言っていました。

 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

フリーライター。これまでのインタビュー人数は3700人以上(対象年齢は12~80歳)。ビジネス、医療、エンタメ、恋愛など幅広く取材・執筆。

著者紹介

銀座さいとう法律事務所 弁護士

2010年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2013年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2015年、慶應義塾大学法科大学院修了。2015年、司法試験に合格。「不倫」「浮気」「離婚」「男女問題」「セクハラ問題」を中心に、債権回収、企業法務・顧問弁護士、詐欺被害・消費者被害、犯罪・刑事事件、不動産・建築、借金・債務整理などの法律業務全般を取り扱っている。

著者紹介

連載2021年医師のリコカツ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧