病院の待合室では何が起こっているのか?妻のせいで胃が痛い男 (画像はイメージです/PIXTA)

診察前、待合室の患者さんたちは、どんな事を考え、どんな気持ちでいるのだろう。診察のあと、待合室を出てどのように過ごすのだろう。待合室にまつわる体験を集め、小説形式でお届けする本連載。第1回目は、佐藤正和さん(仮名)36歳が提供してくれたストーリーを紹介する。

【関連記事】「マンションを買え」先輩医師の言葉に従った勤務医の3年後

胃がキリキリと痛み病院へ…

佐藤正和は半休を取って、家の近くの総合病院に来ていた。

 

胃がキリキリと痛むせいで、最近はあまり眠れていない。繁忙期に入ってからは残業続きでろくに休めていないし、出世して肩にのしかかる責任も増えた。上司からのプレッシャーもあるし、部下たちからの視線も気になる。

 

しかし、それだけが胃痛の原因ではない。

 

妻の玲子だ。最近、彼女の機嫌がずっと悪い。この前も、「飲み会で遅くなってもお仕事ですもんね」と嫌味を言われた。

 

「お前も飲みに行けばいいじゃないか」というと「じゃあ、子供の面倒はどうするのよ? あなたが見てくれるの? お仕事でいつも遅いのに?」と喧嘩になった。

 

その次の日にはこれがお前の晩飯だと言わんばかりにテーブルの上にカップラーメンが置いてあった。さすがにガックリと力が抜けた。

「最近、不倫している人多くない?」という声が

最近はずっとこんな調子だから、家でくつろげない。自分が何か悪いことをしたのだろうかと思い返してみても、これといって思い当たる節がない。だから、何をすればいいのか分からず、憂鬱な日々が続いていた。

 

今日の半休も妻には内緒で取っている。診察が終わって薬をもらったら、一人でゆっくり映画でも見てから家に帰ろう。そう思っていた。

 

――もしそれがばれたら喧嘩になるかな。

 

胃の痛みがひどくなった。

 

気を紛らわせるためにスマホを開いて、ネットニュースに目を通すことにした。

 

すぐに大物芸能人の不倫騒動がヒットした。昨日のテレビニュースでも取り上げられていたものだ。

 

すでに、ネット内では蜂の巣をつついたような騒ぎになっていて、ファンたちの憤りのコメントがSNSで拡散されているようだった。

 

他にも、数年前に結婚した芸能人カップルの離婚騒動も面白かった。

 

そんな時にふと、「最近、不倫している人多くない?」という声が耳に飛び込んできた。
どうやら、正和の二列ほど前に座っている二人組の主婦らしき女性たちの会話のようだった。

 

「あ、テレビでもやってたね。タレントの、なんだっけあの人?」

 

「それもそうだけど、身近に結構あるっぽいの。リュウジ君のママも不倫してるって噂聞いちゃった」

 

「え、そうなの?」

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載ショートストーリー待合室

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!