恐怖と緊張の待合室「好きな人のために受けたレーシック手術」 (画像はイメージです/PIXTA)

手術前の待合室。恐怖と緊張に襲われる場面だ。人はどのようにその感情と向き合い、乗り越えていくのか。待合室で抱く感情や及んだ行動、その後の展開を小説形式で描く本連載。第2回目は、伊藤裕太さん(仮名)21歳が高校時代に体験した出来事を紹介する。

【関連記事】「マンションを買え」先輩医師の言葉に従った勤務医の3年後

好きな人のために受けたレーシック手術

電車のなかはエアコンが効いて快適な空間となってはいるものの、夏の湿気を帯びた空気がどことなく漂っていた。

 

今日から夏休みが明け、新学期が始まる。久しぶりの登校となり、憂鬱な気分に苛まれる生徒も多いだろうが、僕にはそんな感情は一切なかった。なぜなら、あの人に会えるから……。

 

吊り革に掴まりながら外の景色を眺めていると、「伊藤くん」と声をかけられた。隣を向くと、同じクラスの高梨くんが立っていた。

 

「ああ、おはよう。久しぶりだね」

 

夏休み明け一発目の挨拶を終えると、高梨くんが僕の顔をジッと見つめた。

 

「あれ? メガネは?」

 

僕の変化にすぐに気付いたようだった。そう、僕は夏休み前までは分厚いメガネをかけていたのだ。

 

「コンタクトにはしないって言ってなかった?」

 

「コンタクトじゃないよ。レーシックだよ」

 

「レーシック!?」

 

彼は目を丸くして驚いた。真面目な坊やにはちょっと刺激が強かったかもしれない。

 

「そう。レーシック手術を受けたんだ」

 

僕がレーシック手術を受けたのは、すべてあの人のため。大好きな、浅井ゆかりさんのためだ。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載ショートストーリー待合室

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧