融資のフル活用で「レバレッジ」をきかせるメリットとは?

今回は、融資をフル活用できる物件を探して、「レバレッジ」をきかせるメリットを見ていきます。※本連載は、株式会社リッチスタイルエージェントの代表取締役を務める田中美香氏の著書、『会社員がゼロから稼げる! 融資フル活用不動産投資術』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、不動産融資を活用して資産を形成するノウハウをご紹介します。

レバレッジを利用して「大きな資金」を動かす

みなさまは、「レバレッジ」という言葉をご存じでしょうか? レバレッジとは、テコの原理のように、少ない力で大きな物を持ち上げることを意味します。

 

不動産投資の世界では、この言葉が頻繁に登場します。この場合の「レバレッジ」の意味は、融資の力を借り、最低限の「自己資金」で大きな「資金」を動かすことです。

 

金融機関のお金で不動産の購入や運営ができるわけですから、これほど素晴らしい投資はありません。そのうえ、自己資金を抑えるほどROIが高くなることは前回ご説明した通りです。

 

融資エリアは金融機関ごとに異なるため、必ず最初にチェックしましょう。どんなによい物件であっても、希望する金融機関から融資が受けられないのでは意味がありません。

修繕されていない物件や空室率が高い物件は避ける

また、長期にわたって修繕工事がされていない物件はリスクが高いです。自分で修繕を手配するとコストがかかりますし、放置すると入居者からのクレームや事故の原因にもなります。金融機関の評価にも影響するはずなので、できる限り避けるようにしましょう。

 

そして、空室率が高い物件は言うまでもなく収益に不安があります。安定したキャッシュフローが見込めないのでは、金融機関としては融資を出すことに抵抗があるでしょう。もちろん運営次第で満室にすることはできますが、融資フル活用を狙うのであれば避けた方が無難です。

 

また、レントロールは物件の価値を見極めるうえで重要な判断基準になります。もちろん金融機関もレントロールをチェックしますから、物件を選ぶ際は必ず目を通すようにしてくださいね。

 

これらのポイントに注目していれば、評価が出そうな物件がある程度見分けられるようになるはずです。やはりそういった物件は引く手あまたですが、融資フル活用の有無によって不動産投資のスタートダッシュには大きな差がつきます。

 

銀行から見て評価が高く優良な物件は、その後の運営もスムーズです。安定経営の見込める物件を選び、融資フル活用して最高にレバレッジをきかせた不動産投資を行いましょう。 

株式会社リッチスタイルエージェント 代表取締役

初めて就職した不動産会社ですぐに実績を上げ、新人賞、社長賞などの各章を総なめにし、その後営業成績トップとなる。独立後、株式会社リッチスタイルエージェントを設立。初年度の年商4億円を達成。不動産会社のほか、不動産管理会社のハニーインベスターズを運営。
現在は不動産投資の敏腕コンサルタントとして、会社員をはじめとする多数の“不動産リッチ”を輩出。著書に『お金のために働く女 お金を働かせる女』(カシオペア出版)がある。

著者紹介

連載不動産投資を成功させる融資フル活用術

本連載は、2016年5月26日刊行の書籍『会社員がゼロから稼げる!融資フル活用不動産投資術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

会社員がゼロから稼げる! 融資フル活用不動産投資術

会社員がゼロから稼げる! 融資フル活用不動産投資術

田中 美香

サンライズパブリッシング

今、日本では過去に例を見ないほどの“不動産投資ブーム”が巻き起こっています。長引く不況に人々が不安を感じているからこそ、安定的な資産である「不動産」への注目度が高まっているのです。さらにマイナス金利の影響により…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧