購入マンションは「築10年ちょっとの中古」を選ぶべき理由

マンション選びで「ババ」を引かないための秘訣とは? 本連載は、ジャーナリストの榊淳司氏の最新刊『新築マンションは買ってはいけない!!』(洋泉社)の中から一部を抜粋し、「正しいマンションの選び方・買い方」を紹介します。

損をしないためには「新築」であることを諦める

2015年10月、横浜のマンション傾斜問題が起こったことで、筆者のところにも一時期メディアの取材が殺到した。それこそ、毎日何社ものテレビ局や雑誌社のコメント取りやインタビューをこなした。

 

いろいろなことを聞かれたが、多かったのは「欠陥工事マンションを買わない方法は?」といった質問だった。

 

竣工したマンションを外から見る限り、欠陥工事かどうかの判別は不可能だ。ただ、慣れた人間が見れば隅々の仕上げから工事精度のレベルは想像がつく。

 

私は取材に答えて何度もこう言った。

 

「新築マンションを青田で買うというのは、100枚に1枚か2枚混ざっているババを引くようなものですよ」

 

雨漏りやちょっとした傾斜といったマンションの欠陥工事の実態は、2015年の横浜の傾斜マンションのようにメディアで報道されることはほとんどない。

 

そして、最後にいつも同じことを聞かれる。

 

「それでは、ババを引かない方法はありませんか?」

 

じつは、ババを引かなくてもいい方法があることにはある。欠陥建築のマンションを買わない、かなり確実な方法である。しかし、その方法を選ぶ場合は、あることを諦めてもらわなければならない。それは〝新築〟マンションであることだ。

 

前述のとおり、新築マンションを外から見ても、中身のコンクリートがどうなっているのかはもちろん、基礎杭がしっかり支持基盤に刺さっているかどうかなど、わかるわけがない。せいぜい、外壁タイルの浮きが何枚あるかを数えてみたり、壁や床の端の仕上げを見ながら「雑な工事をしているな」とつぶやくのが関の山だ。

 

きれいに仕上げられていても、入居後数カ月で水漏れや雨漏りが起こるかもしれない。横浜のマンションのように、何年か経ったら傾いてくるかもしれない。また、震度5程度の地震でも建物の内部に大きな損傷が生じたり、住戸内の乾式壁がずれるなどはよく起こることだ。

 

しかし、それらのほとんどは、施工をキッチリおこなったか否かの工事精度に左右されることであって、でき上がった建物から窺い知ることは不可能だ。とくに地震によってどうなるかは、「地震が起こってからでないとわからない」というのが現実である。

築10年までに不具合が露見しない物件は工事精度が高い

しかし、そういったことも踏まえて、「ババを引かない」マンションを選ぶとすれば、それは「築10年ちょっとの中古を狙う」ということになる。

 

なぜ「10年ちょっと」かというと、明解な理由がある。私の経験上、築10年までに大きな不具合が露見しなかったマンションは、工事精度が高いことが多い。その後20年、30年でもしっかりした状態が保全されるケースがほとんどだ。

 

逆に、工事精度が甘いマンションは、築10年以内にさまざまな不具合が生じる。そして、不具合が露見するごとに補修工事を積み重ねていかなければならない。そういった場合、そもそもの躯体の工事精度に問題があると想定できる。だから、半永久的に補修工事を続けることになる。それはもう、「欠陥マンション」と呼んでいいだろう。

 

そういうマンションは、絶対に買ってはいけない。いってみれば「ババ」だ。

 

しかし、新築マンションが「ババ」であるかどうかなんて、住む前には誰にもわからない。しいてそれを知っている人間がいるとすれば、それはそのマンションの建築現場の責任者である「現場所長」と、一部のスタッフだけ。彼らには自分たちが「手抜き工事」をしたという自覚があるはずだ。

 

しかし、そんなことを誰かに漏らすとは思えない。だから、誰にもわからない。

あなたにオススメのセミナー

    住宅ジャーナリスト

    1962年、京都府生まれ。同志社大学法学部および慶應義塾大学文学部卒。1980年代後半から30年以上、マンションの広告・販売戦略立案に携わる。その経験を生かし、購入者側の視点に立ちながら、日々取材を重ねている。著書に『マンションは日本人を幸せにするか』(集英社新書)、『マンション格差』(講談社現代新書)、『すべのマンションは廃墟になる』(イースト新書)などがある。

    著者紹介

    連載「新築マンション」に潜むリスクと正しいマンションの選び方

    本連載は、2016年3月18日刊行の書籍『新築マンションは買ってはいけない!!』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    新築マンションは 買ってはいけない!!

    新築マンションは 買ってはいけない!!

    榊 淳司

    洋泉社

    横浜で発覚したマンション傾斜問題は、氷山の一角にすぎない! 欠陥工事のみならず、人口減少時代を迎え、すでに住宅価格は下がり続けている。 いざ入居してみたら住民が外国人だらけだったり、隣人や管理組合でのトラブル、…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ