「投資メンタルマネジメント」「行動コーチング」が日本でも一般的になる

株式市場では、2020年のコロナショックのように急落する局面が数年に一度の頻度で起こる傾向があります。そこで今回は、値動きに一喜一憂しないための「投資メンタルマネジメント」「行動コーチング」という新しい考え方について、東海東京調査センターの中村貴司シニアストラテジスト(オルタナティブ投資戦略担当)が解説します。

[12/14開催] オルタナティブ投資の基礎から解説!
IFAを活用した「本来あるべきヘッジファンド投資」

乱高下する株式市場で「合理的な投資行動」を取るには

2020年の日本株式市場は、世界的に広がった新型コロナウイルスに振り回され、目まぐるしい値動きとなった。日本株の代表的な指数の一つである日経平均株価は、2020年1月に2万4000円台の年初来高値をつけたあと、3月には1万6000円台まで急落(高値からほぼ2ヵ月で30%を超える下げ)。その後はV字回復の動きとなり、2021年に入り3万円の大台を回復した。

 

2020年3月までの急落の動きである「コロナショック」と、その後、過剰流動性を背景に株価と実態経済が大きく乖離していると言われたなかで急騰した「コロナバブル」に一喜一憂、右往左往した個人投資家の方も多かったのではないだろうか?

 

実際、マーケットのあまりのスピードについていけず、たとえば、2020年3月の急落時には、相場の大幅な下落に慌てて投げ売りしてしまった投資家も多かった。逆に、まだここから下がるという不安と恐怖に駆られ、適切なリバランスの観点からリスク資産である株式へのシフトを行うことを躊躇してしまい、急反発の動きを取り逃してしまったとの声も多くあった。

 

こうしたマーケットの動きに一喜一憂・右往左往せず、冷静に自分自身を見つめ、合理的な投資行動を行うことで中長期的な資産形成につなげていくためにはどうしたらいいのだろうか?

 

その一つの答えとしては、心理学的アプローチを取り入れた「投資メンタルマネジメント」「行動コーチング」の考え方を取り入れることだと考えている。

「投資メンタルマネジメント」「行動コーチング」とは

そもそもあまり聞いたことのない「投資メンタルマネジメント」と「行動コーチング」とは一体、どういったスキルなのだろうか?

 

「投資メンタルマネジメント」とは、投資における心理面を重視し、マーケットの心理を把握するとともに、自分自身の心理をしっかり管理・マネジメントしていこうとするスキルである。

 

そして「行動コーチング」(ここでは自分自身のコーチングを想定)とは、投資における自分自身のニーズや行動特性を客観的に把握し、リスクを低減させながら持続可能な投資リターンを上げるための合理的な方法を自分自身に問いかけながら(また他人との対話を通じて)実践していこうとするスキルを指す。

 

この2つのスキルを統合し、それをわかりやすく説明するなら、投資の手法としては、景気や業績動向などから本質的価値をはかろうとする「ファンダメンタルズ分析」とともに、投資家心理、投資家行動などから市場の変動を掴んでいこうとする「行動ファイナンス」「テクニカル分析」などの理解を深め、多角的に市場を分析することだといえる。

 

そして、カウンセリングやコーチングのスキルなどを活用し、「マーケット」と「自分自身」の心理的な動きをより客観的に把握・管理した上で、合理的な投資行動・意思決定につなげていくことだといえるだろう。

 

ちなみに、カウンセリングは、問題の根本原因を深く掘り下げていく過去・現在志向が比較的強いアプローチといわれる一方、コーチングは、現在・未来志向で抱えている問題の解決を図っていくアプローチとみなされることも多いが、どちらも「心理学」に深く関わったスキルである。

 

米国では、投資のパフォーマンスにつながる可能性のある付加価値があるスキルとして、この「投資メンタルマネジメント」や「行動コーチング」のようなスキルが挙げられる。

 

メンタルマネジメントやコーチング自体は、以前からビジネスの現場で使われていた。ただ、認知・社会心理学や臨床心理学など幅広い心理学を取り入れた投資分野でのメンタルマネジメントやコーチングは、ここ数年の新しいトレンドといえる。そして、この流れは今後、日本でもより一般的になってくると考えられる。

 

中村 貴司

東海東京調査センター

投資戦略部 シニアストラテジスト(オルタナティブ投資戦略担当)

 

[12/14開催] オルタナティブ投資の基礎から解説!
IFAを活用した「本来あるべきヘッジファンド投資」

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/1開催】希少な"FIT型案件”を限定公開「太陽光発電」投資の最新事情

 

【12/1開催】「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ<弁護士が解説>

 

【12/2開催】税務メリットとキャピタルゲインが狙える!小型航空機・ヘリ投資とは?

 

【12/2開催】プロでも間違えやすいグループ再編成を活用した事業承継のルールとは?

 

【12/2開催】2022年4月、東証の「市場再編」中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【12/7開催】市場の変動に左右されず安定した収益を獲得するための 「ヘッジファンド」戦略

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

東海東京調査センター
投資戦略部 シニアストラテジスト(オルタナティブ投資戦略担当)

山一證券、メリルリンチ日本証券、損保ジャパンアセット(現SOMPOアセット)などでの富裕層・法人営業に加え、年金基金、投資信託のアナリストやファンドマネージャーとして新興市場やオルタナティブを含む幅広い市場・商品の担当責任者を経て、2016年に東海東京調査センター入社。

現職では短中期の戦術的資産配分(タクティカル・アセットアロケーション)やオルタナティブ投資(ヘッジファンド・テクニカルやコモディティ戦略含む)の視点を踏まえたグローバルな日本株の市場分析等を行う。他の代替資産・戦略としてJリート投資戦略、ESG投資戦略、行動ファイナンス投資戦略などもカバーしている。

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA。アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院米国臨床心理学修士号(MA)。慶應義塾大学商学部卒。国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、国際テクニカルアナリスト連盟検定テクニカルアナリスト(MFTA)、CFP、英国王立勅許鑑定士(MRICS)、不動産証券化協会認定マスター、中小企業診断士。

日経CNBCなどのTV・メディアに出演。日経新聞、QUICK、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、東洋経済オンライン、幻冬舎ゴールドオンラインなどでも執筆、コメントを行う。ヘッジファンド・テクニカルのキャリアとして世界のテクニカルアナリスト協会を束ねる国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)の理事などを歴任。早稲田大学ビジネスファイナンスセンターや同志社大学、青山学院大学等で講師を務める。

著書には投信営業に行動ファイナンスアプローチなどを活用した『会話で学ぶ!プロフェッショナルを目指す人の「投信営業」の教科書』(2021年)がある。

●オルタナティブ投資戦略(東海東京TV)
https://www.tokaitokyo.co.jp/tv/public/market/global.html

著者紹介

連載「行動ファイナンス」の視点を日本株投資に活かす方法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!