日本株に上昇余地があると考える理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。

課題の多い時期に入る

オリンピック・パラリンピックなど

 

■日本株式市場は、年後半に向けて乗り越えなければならない課題を幾つか抱えています。以下、簡単に整理したいと思います。

 

■国内では7月23日に東京オリンピック、8月24日に東京パラリンピックが開催され、ワクチン接種の加速、デルタ株の感染拡大懸念が同時に進むことになります。一方、米国では、7月下旬の米連邦公開市場委員会(FOMC)、8月下旬のジャクソンホール会議で、資産買入の縮小(テーパリング)の時期や進め方など、今後の米金融政策の方向性を確認することになります。また、7月は前半から米国、下旬以降は日本のそれぞれ企業決算が発表されます。そして9月以降、日本は政局となる見通しです。

 

(出所)各種報道を基に三井住友DSアセットマネジメント作成
日米の当面の主なイベント (出所)各種報道を基に三井住友DSアセットマネジメント作成

ワクチン接種の加速に期待

70%達成は10月第1週と試算

 

■東京オリンピック・パラリンピックが感動を与える大会となることを期待しつつ、市場の関心事はワクチン接種が目に見えて加速化するかです。6月29日現在、日本の接種率は26.4%(1回接種、16歳以上人口比)です。ここまでに約4ヵ月と米国の2.8ヵ月に比べれば時間はかかっていますが、接種スピードは加速化する方向です。また、集団免疫が確保されるといわれる70%に達するのは10月第1週と試算されます。ワクチン接種の加速が確実となれば、米国で確認されたように、経済活動の再開と企業業績に対する自信につながり、日本においても市場センチメントの好転に寄与すると考えられます。

 

■また、米国の金融政策の正常化は着実に進む見通しです。タカ派的なスタンスを市場は織り込もうとしており、米連邦準備制度理事会(FRB)が決断すれば、市場の不透明感は一旦解消すると考えられます。2013年12月から2014年10月の資産買入縮小局面でも月次ベースで見ると米株は上昇しています。

 

(注)データは日経平均株価、同1株当たり予想利益(12ヵ月先ベース)は2021年1月4日~2021年6月30日。ワクチン接種率は2021年2月17日~2021年6月29日。ワクチン接種比率は16歳以上の人口に占める少なくとも1回接種したワクチン接種者数の割合。 (出所)Our World in Data、FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
日経平均株価とワクチン接種率 (注)データは日経平均株価、同1株当たり予想利益(12ヵ月先ベース)は2021年1月4日~2021年6月30日。ワクチン接種率は2021年2月17日~2021年6月29日。ワクチン接種比率は16歳以上の人口に占める少なくとも1回接種したワクチン接種者数の割合。
(出所)Our World in Data、FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

(注)データは2005年1月~2021年6月。FRB資産は2021年5月まで。テーパータントラム:量的緩和の縮小に対する金融市場の混乱。タントラムは癇癪(かんしゃく)の意味。 (出所)FRB、FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
FRBのバランスシート(資産サイド)とS&P500種指数 (注)データは2005年1月~2021年6月。FRB資産は2021年5月まで。テーパータントラム:量的緩和の縮小に対する金融市場の混乱。タントラムは癇癪(かんしゃく)の意味。
(出所)FRB、FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

21年度に過去最高益を更新。好業績が株式市場をけん引

■菅首相はパラリンピック閉会後の9月解散を想定していると見られます。新型コロナ対応を重視すれば10月以降の可能性もあります。いずれにせよ、オリンピック・パラリンピックの安全・安心な運行やワクチン接種の加速化が確認されれば、政権の安定度も増すことになり、株式市場にはプラスとなります。

 

■このように市場の期待に影響を与えうるテーマは事欠きませんが、今後を見通す上で核となる企業業績について最後にまとめたいと思います。弊社は、過去最高益更新のタイミングを22年度から21年度に前倒ししました。米国の成長が加速し、年末から来年にかけて欧州や日本の回復も期待できます。日本の輸出企業にとっては大きな追い風となります。ワクチン接種が加速すれば70%に達するタイミングの前倒しもありえ、非製造業の回復に対する期待も膨らむ可能性があります。7月下旬以降の4-6月期決算発表、10月以降の年度上期の決算発表時では、予想利益の上振れが見込め、外部環境の好転もあって株式市場のモメンタムは大きく改善する見通しです。弊社は日経平均株価(着地ベース)は9月末で3万2,000円台、12月末で3万3,000円台を目指すと想定します。

 

(注)データは2020年1月~2022年6月。2021年7月以降は弊社想定。 (出所)FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
日経平均株価の想定レンジ (注)データは2020年1月~2022年6月。2021年7月以降は弊社想定。
(出所)FactSetのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成


 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『日本株に上昇余地があると考える理由』を参照)。

 

(2021年7月2日)

 

関連マーケットレポート

2021年7月1日 上昇しない長期金利下で堅調なS&P500、NASDAQ

2021年6月24日 2021年7月の注目イベント

投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

著者紹介

連載【デイリー】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧