「1番人気」の投資信託500万円分を一括購入も、値下りで60万円の損失…FPが資産運用の鉄則を解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

投資で老後資金を作るには「長期・分散・積立」が重要だとされていますが、リスクを抑えるには、特に「分散」を意識することが必要だといいます。それはなぜでしょうか? 本記事では、「4つの分散」の効果を中心に見ていきます。※本連載は、横山光昭氏の著書『長い老後のためのお金の基本』(筑摩書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

投資で老後資金を作るには「長期・分散・積立」が重要

老後資金をつくるため、そして減らさないために行う投資は、とにかく

 

・長期
・分散
・積み立て

 

が合い言葉です。今まで投資をしたことがない人が、老後問題に直面して、初めて投資をするときは、「長期・分散・投資」を肝に銘じておかないと、予期せぬ事態にまきこまれてしまうことがあります。

 

筆者のところに家計相談に来たあるお客さんの例です。老後資金を増やそうと、500万円もの大金をある国内投資信託1本に、いきなり投じてしまった方がいたのです。

 

投資する金額が大きければ大きいほど、もうけも大きい。そう考えたのでしょう。たしかに原理はそうだとしても、裏返せば、損も大きいことになります。その方は、人気ランキング1位になっていた投資信託の商品を「1番人気だから大丈夫だろう」と信じて大金を投じたものの、その後、評価額はどんどん下がって、あわててしまいました。

 

筆者のところにこられた時点で、すでに60万円の損失が出ていました。少し待てる余裕があるなら、様子を見る選択肢もあったのですが、60万円の損でひどく狼狽している様子であったことを記憶しています。最終的には、ご自身の判断で売却を選ばれていました。

 

この人の失敗は、「一度にひとつの商品に大金をつぎこんでしまったこと」と「どれだけのリスクなら許せるのか、リスク許容度を考えていなかった」ところにあります。

 

もしリスクをさけたいのなら、いろいろな要素を「分散」させるのが鉄則です。分散させるのは次の4つです。

 

(1)通貨の分散
(2)時間の分散
(3)商品の分散
(4)地域の分散

 

まず、(1)の通貨の分散についてですが、円だけで保有するのではなく、外貨でも保有するなど、値動きが異なる傾向のある通貨を持ちましょう。信用リスク、為替変動のリスクを分散することが期待できます。

 

(2)の時間の分散について。株や債券のマーケットはいいときもありますし、悪いときもあります。短期で取引きしていると、そうしたマーケットの影響をモロに受けてしまいます。しかし長い期間、定期的に積み立てていれば、年によって変動があってもそれが平均化されるので、平均購入単価を抑えることができます。

 

(3)の商品の分散とは、値動きの異なる複数の商品を持つということです。1つの商品に集中させると、その商品が下がったときのリスクが大きくなります。複数の商品に分散させたほうがリスクは小さくなります。

 

(4)の地域の分散について。日本の株式市場が落ち込んでいても、アメリカやヨーロッパは景気がいいかもしれません。特定の地域だけでなく、新興国から先進国まで世界のさまざまな国の株や債券にも投資することで、カントリーリスクを緩和できます。

 

さらにもうひとつ考慮しておかなければいけないのは、自分がどれくらいのリスクを許せるのか、という点です。これは貯蓄をどれくらい持っているかということに関係なく、個人の性格によって違います。

 

10万円投資して、それが9万8000円になっただけで大騒ぎする人もいれば、2万、3万減ったくらいではなんとも思わない人もいます。その人の性格や気質によって、リスクの許容度が異なるわけです。自分の場合はどれくらいなのか、あらかじめ自問しておくといいでしょう。

 

小さな損も許せないという人なら、慎重にも慎重を期して、利益は少なくてもリスクが少ないもので運用すべきだし、少々のリスクでは動じないという人なら、選ぶ投資商品の幅も広がってきます。

 

長く続けるためにも、ご自身のリスク許容度や性格などによって、やり方は違ってくるということです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。
これまでの相談件数は24,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。
著書は85万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は150冊、累計351万部となる。
個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。
オンラインサロン「横山光昭のFPコンサル研究所」を主宰。

著者紹介

連載人気FPが教える!長い老後のための「お金の対策」

長い老後のためのお金の基本

長い老後のためのお金の基本

横山 光昭

筑摩書房

「年金は70歳まで出なくなる? 」「定年後、1人2000万円は必要」「老後破産」「下流老人」等々、老後の生活の不安をあおる情報が飛び交っている。どれがフェイクで、どれが現実なのか? 定年後のビジネスマンの標準的な家計…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!