お金を「貯められる人」と「貯められない人」のシンプルな違い (※写真はイメージです/PIXTA)

同じ貯蓄方法や節約方法を知っても、お金を「貯められる人」と「貯められない人」がいるといいます。その違いはどこにあるのでしょうか? 詳しく見ていきます。※本連載は、横山光昭氏の著書『長い老後のためのお金の基本』(筑摩書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

お金を貯められる人の特徴は「行動力」があること

「今からでも遅くありません。コツコツ貯金をしてください」と筆者はいろいろな人に言っています。話を聞いてすぐ実行してくれる方もいれば、聞いただけで、実行に移さない人もいます。

 

筆者はたくさんの方の相談に乗ってきて、世の中には「お金が貯められる人」と「貯められない人」がいるのだな、という思いを強くしています。

 

「お金が貯められる人」は老後の年金生活になっても、うまくやりくりして、楽しみのためのお金を上手に捻出しています。一方、「貯められない人」は、たくさんあったはずの老後資金でさえ、いつの間にかなくなってしまい、お金に困っています。「貯められる人」「貯められない人」、その違いはとてもシンプルです。

 

お金が貯められる人には、行動力があります。たとえば講演で「携帯の通信費を削るにはこんなやり方がありますよ」と言うと、すぐに行動に移します。「いい」と言われたことは即実行してみる。そして試してみて失敗したら、それを経験として積み重ねていきます。

 

発明王のエジソンは、失敗しても「うまくいかない方法を見つけただけだ」と言ったそうです。お金が貯められる人は、そうやって「うまくいかない方法」をいくつも見つけ、そうではない方法を探していくのです。

 

一方、お金が貯まらない人は、知識を得てもそれを行動に移しません。講演会に参加しても、「今日は面白い話が聞けたね」で終わってしまいます。実業家の堀江貴文さんがユーチューブで面白いことを言っていました。自分がビジネスのヒントや成功のコツを本に書いても、それを実践する人は1%か2%しかいないというのです。

 

結局、いい話を聞いても、知識として頭にいれておくだけで実行しない。「いつかやろう」と思っているのかもしれませんが、その「いつか」は永遠にやってきません。やらなければ、何も変わらないのです。お金が貯まらないのは、こんなふうに「いつか」が永遠にやってこない人のことです。

 

でも、面白いのはこんなふうに「お金が貯まらない人」でも、簡単に「お金が貯められる人」に変身できる点です。その方法とは、たとえ数百円でもいいので、お金を貯めるくせをつけることです。つまり小さな行動の第一歩を踏み出してみるのです。貯め始めると、必ず目に見える成果が出ます。

 

やればやっただけの効果が出る。それが実感できたとき、「貯められない人」はたいてい「貯められる人」に変身します。筆者はそういう人をたくさん見てきました。

 

この記事を読んでくださっているみなさんは、すでに行動するスタートラインに立っているわけですから、あとは実践あるのみ。「貯められる人」の特徴は行動力だということを思い出してください。

 

たとえば月々の光熱費をちょっと本気で見直す。そうすれば数百円は必ず浮かせます。その数百円を積み重ねていく感覚です。

 

筆者の知り合いは、頭の体操もかねて、お釣りに必ず500円玉が入るように支払いをし、そうして得た500円玉は空き缶の中に貯めておくようにしたそうです。空き缶がいっぱいになったら、郵便局に持っていって貯金する。それを5年間やっていたら、知らない間に100万円貯まった、と言っていました。たった数百円でもそれだけの効果が出ます。

 

仕事はいくら一生懸命やっても、必ず成果があるとは限りません。でも数百円でも貯めていけば、必ずお金は貯まっていきます。数字は裏切らない。お金が貯められるのはそれを実感している人です。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。
これまでの相談件数は24,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。
著書は85万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は150冊、累計351万部となる。
個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。
オンラインサロン「横山光昭のFPコンサル研究所」を主宰。

著者紹介

連載人気FPが教える!長い老後のための「お金の対策」

長い老後のためのお金の基本

長い老後のためのお金の基本

横山 光昭

筑摩書房

「年金は70歳まで出なくなる? 」「定年後、1人2000万円は必要」「老後破産」「下流老人」等々、老後の生活の不安をあおる情報が飛び交っている。どれがフェイクで、どれが現実なのか? 定年後のビジネスマンの標準的な家計…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧