50代、年収800万円超え…ゆとりのはずが「老後苦労」のワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

50代になると年収800万円を超え、金銭的に余裕が出てくる会社員も多くなります。しかし、子どもが大学に入学したころから無駄な出費を控えて、老後に備えて貯金をすることが大切です。それはなぜでしょうか? 詳しく見ていきます。※本連載は、横山光昭氏の著書『長い老後のためのお金の基本』(筑摩書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

子どもが大学に入ったら「生活の縮小」を心掛ける

40代後半から50代になると、若いころに比べて年収もそこそこあがってきます。生活費や子どもの教育にもお金がかけられるようになるので、「これくらいお金をかけてもいいんじゃない?」と、つい風呂敷を広げがちです。

 

たとえば子どもを私立の学校に通わせたり、都内の環境のいい場所に引っ越してみたり、無農薬の食材や水に凝ってみたり。風呂敷を広げてもやれてしまうのがこの年代です。

 

とくに年収800万円を超え、1000万円近くになると、いろいろなことをやり始めてしまいます。でもそうやって「これくらい、お金をかけてもいいんじゃない?」とやっていくと、貯金があまりできません。なぜなら、ふくらんだ食費や教育費や住居費は、その後、減ることはなく、ほぼ固定的に出ていくからです。

 

そのまま風呂敷を広げていると、年金生活に入っても急にはたためなくなって、老後生活で苦労します。

 

ですから年収が増えても、「これくらい、お金をかけてもいいんじゃない?」という価値観にはまどわされないことが大切です。

 

年収が増えたときこそ、老後のための貯金のチャンスととらえましょう。子どもが大学に入ったら、独立するまであと一歩。もう今後、子どもにお金はかかりませんから、このころから徐々にダウンサイジングを心がけるといいでしょう。

 

広げた風呂敷は急にはたためないので、意識して少しずつ風呂敷を縮めていくのです。年齢的には55歳くらいからダウンサイジングを心がけるのが理想です。60歳や65歳で、いきなりギュッと縮めると、「なんのために自分は今まで一生懸命働いてきたのだろう」と虚しくなってしまうかもしれません。だからこそ、年収がしっかりある40〜50代の現役時代から始めるほうがいいのです。

 

「生活を縮小するのは悲しい」と感じる人もいるかもしれませんが、筆者の場合は考え方が逆です。生活をダウンサイジングするのは、将来を楽しむためです。

 

70歳くらいで死ぬという、太く短い人生が送れればいいですが、今は100歳まで生きる人も少なくありません。何十年も長生きしても、お金がなくて楽しみがない生活を長い間送るのはとても嫌です。

 

それなら今は多少我慢しても、将来が楽しいほうがいい。かといって、今を犠牲にしているわけではなく、今の生活もメリハリをつけて「楽しみのための浪費」もやります。でもむだな出費はさけて、将来に向けてしっかり貯金しておきたい。そのためのダウンサイジングです。

 

老後になると、生活費は現役時代の8割くらいが目安です。さらに75歳をすぎると7割くらいになります。ただし80歳を過ぎると、介護費用がかかり始め、90歳を過ぎると、介護費用だけで年間154万円かかるというデータもあります。

 

介護保険があるので、自分で負担する介護費用は実際にはこの数字の1割〜3割になりますが、それでも長生きすると、今まで以上にかかってくるお金があります。そうしたことを考えて、50代から生活をスリムにするよう意識し、浮いた分を貯蓄に回す習慣を身につけてください。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。
これまでの相談件数は24,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。
著書は85万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は150冊、累計351万部となる。
個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。
オンラインサロン「横山光昭のFPコンサル研究所」を主宰。

著者紹介

連載人気FPが教える!長い老後のための「お金の対策」

長い老後のためのお金の基本

長い老後のためのお金の基本

横山 光昭

筑摩書房

「年金は70歳まで出なくなる? 」「定年後、1人2000万円は必要」「老後破産」「下流老人」等々、老後の生活の不安をあおる情報が飛び交っている。どれがフェイクで、どれが現実なのか? 定年後のビジネスマンの標準的な家計…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧