退職後3年で貯金1000万円減!老後破綻を招く「メタボ家計」 (※写真はイメージです/PIXTA)

老後資金を充分貯めていたり、退職金をもらえる予定だったりしても、定年後も現役時代と同じように生活費を使っていると、「老後破綻」になりかねません。今回は、実際に相談があった2人の「メタボ家計」の事例をもとに、解決策を見ていきます。※本連載は、横山光昭氏の著書『長い老後のためのお金の基本』(筑摩書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

事例①:夫婦で老後資金3000万円も、生活費に40万円

安心老後を送るためには、お金が必要です。しかしそれは必ずしも今、手元にいくらあるかだけで決まるわけではありません。むしろこれからどれだけ生活のむだを省き、お金が貯められるのか、その人のお金に対する姿勢が、老後の生活に大きく影響してくるのです。

 

筆者のところに相談に来られたあるご夫婦の話です。ご主人が60歳で退職したとき、この夫婦には3000万円もの老後資金がありました。内訳は退職金が2000万円出て、さらに貯金が1000万円もあったのです。

 

しかもご主人は再雇用で65歳まで働くことができ、月収は30万円もらえる予定とのこと。住宅ローンがまだ1000万円残っていたとはいえ、かなり恵まれた老後が送れるはずでした。ご本人たちもそう思っていました。

 

ところが、ご主人が60歳で退職してわずか3年で貯金は1000万円も減ってしまい、残りが2000万円になってしまった、というのです。このままご主人の再雇用が終わり、夫婦ともども年金生活に入ってしまうと、あっという間に貯金が底をついてしまうのは目に見えていました。

 

青くなって、ご夫婦で相談にいらしたというわけです。月々の収支を見せてもらうと、生活費は約40万円。かなりの“メタボ家計”だということがわかりました。子どもが2人いて、教育費がマックスかかっていたときの家計のまま、ダウンサイジングする努力をしてこなかったのです。貯金がある家庭なので、毎月お金が足りなくなると、漫然と貯金からおろすという生活を続けていました。

 

このご夫婦の場合、本当は子どもが独立したあとは支出を減らし、少しでも貯金に回さなければいけなかったのです。そうすれば老後資金がもっと貯められましたし、年金だけになっても、ダウンサイジングした生活で、少しずつ貯金をくずしながら、細く長く暮らせたでしょう。

 

しかし一度広げた風呂敷は、なかなかたためません。この夫婦のように、なまじ貯金があったりすると、年金だけになっても“メタボ”の生活を変えずに、だらだらと貯金をきりくずしていってしまうケースがよくあります。

 

そしていよいよ残りが少なくなってから、「計算してみたら、老後が暮らせない」とあわててしまいます。筆者はこのご夫婦に、できる限り長く働きつづけること、そして今からでも可能な限り生活費をきりつめ、少しずつ貯金に回すようアドバイスさせてもらいました。

 

このように、一見、老後資金がたくさんあると思われても、老後破綻のリスクを抱えている人はたくさんいます。一方で、貯蓄が少なくても、家計を見直して少しでも貯金に回すことができれば、安心老後も夢ではありません。

家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。
これまでの相談件数は24,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。
著書は85万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は150冊、累計351万部となる。
個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。
オンラインサロン「横山光昭のFPコンサル研究所」を主宰。

著者紹介

連載人気FPが教える!長い老後のための「お金の対策」

長い老後のためのお金の基本

長い老後のためのお金の基本

横山 光昭

筑摩書房

「年金は70歳まで出なくなる? 」「定年後、1人2000万円は必要」「老後破産」「下流老人」等々、老後の生活の不安をあおる情報が飛び交っている。どれがフェイクで、どれが現実なのか? 定年後のビジネスマンの標準的な家計…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!