「うちは耐震性が高いから大丈夫…」地震保険を軽視する危険性 (※画像はイメージです/PIXTA)

世界有数の地震大国である日本。地震保険は一種の社会保障制度であり、なくてはならない存在となっています。ここでは保険料に関する基礎知識や、保険加入前にチェックしたいポイントについて解説します※本記事は、『自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本』(自由国民社)より抜粋・再編集したものです。

地震保険には「最大50%」の割引制度がある

地震保険には、その建物が建築された年代や免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。

 

建築基準法の改正により建物の耐震性が高められた昭和56年6月以降(新耐震基準)に建築された建物なら「建築年割引」(割引率10%)、住宅の品質確保の促進等に関する法律、または国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級の評価指針」に基づく耐震等級が「1」なら10%、「2」なら30%、「3」なら50%といった耐震等級割引が利用できます。

 

また、免震建築物なら50%、地方公共団体等による耐震診断または耐震改修の結果、改正建築基準法(昭和56年6月1日施行)における耐震診断を満たす建物なら10%の割引率が適用できるなど各種割引制度があります。

 

これら割引制度は重複して利用することはできません。また割引制度を利用するためには、その条件を満たしていることが証明できる書類の提出が必要です。

 

(注1)保険期間の途中で確認資料の提出があった場合、その資料を提出した日以降の保険期間について割引が適用されます。  (注2)既にいずれかの割引が適用されている場合には、地震保険割引の種類(さらに震等級割引の場合は耐震等級、建築年割引の場合は新築年月)が確認できる「保険証券」「保険契約証」「保険契約継続証」または「異動承認請求書(契約内容変更依頼書)」(写)を確認資料とすることができます。
[図表1]地震保険の各種割引制度 (注1)保険期間の途中で確認資料の提出があった場合、その資料を提出した日以降の保険期間について割引が適用されます。
(注2)既にいずれかの割引が適用されている場合には、地震保険割引の種類(さらに震等級割引の場合は耐震等級、建築年割引の場合は新築年月)が確認できる「保険証券」「保険契約証」「保険契約継続証」または「異動承認請求書(契約内容変更依頼書)」(写)を確認資料とすることができます。

地震保険…長めに期間を設定し「保険料」を節約

地震保険も火災保険の長期一括払い同様、保険期間を長く設定すると保険料が節約できます。地震保険への加入が前提で、かつ一度に支払う保険料に無理がなければ、なるべく長めに保険期間を設定することで保険料が節約できます。

 

なお、地震保険の保険期間は最長5年。セットで契約する火災保険の保険期間が10年でも、地震保険は1〜5年ごとに継続することになります。

 

 ※「保険料一括払特約が付帯された場合の長期係数」
[図表2]地震保険の長期係数
※「保険料一括払特約が付帯された場合の長期係数」

「うちは耐震性が高い建物だから」慢心が招く悲劇とは

「耐震性が高い建物だから」といった安易な理由で地震保険に加入しないのは、非常に危険です。

 

なぜなら、地震で隣の建物が倒壊して損害を受ける場合もあるからです。また、倒壊した隣の建物から出火して、自宅が火事になった場合でも、自宅に地震保険が掛けられていないと損害はまったく補償されません。

 

建物の地震保険を検討するときは、その建物の耐震性や耐火性だけで判断することなく、周囲の建物の構造や築年、密集度合いといった隣接状況までよく見極めることが大切です。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

金融デザイン株式会社 代表取締役 2級ファイナンシャル・プランニング技能士

1968年愛知県生まれ。南山大学経営学部卒業後、北米大陸をオートバイで周遊。帰国後、保険代理店の手伝いをしたことで金融の世界を知る。その“奇妙”な世界に疑問を感じ「お金に関する情報形成」「売り手と買い手がハッピーになる金融コンテンツづくり」をミッションとした、株式会社マネーライフナビを設立(1996年)。
FP(ファイナンシャルプランナー)の実務をこなしながら多数の金融コンテンツ制作を手がける。2017年9月に社名を金融デザイン株式会社に変更。インフォグラフィックスやウェブのデザインまで領域を広げる。自社開発の「持ち味マネーカード(お金占い®)」を武器に、個人向けオンラインサービス「お金の知恵アカデミー」を展開中。

【主な著書】
生命保険知って得する数字のカラクリ(技術評論社)
損害保険知って得する数字のカラクリ(技術評論社)
損害保険を見直すならこの一冊(自由国民社)
自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本(自由国民社)

【運営サイト】
お金をためる・ふやすで失敗しないための3か条を学ぶ「お金の知恵アカデミー」発信の「1分で身につくお金の知恵」を掲載。
https://okane-chie.com/

著者紹介

金融デザイン株式会社 取締役
1級ファイナンシャルプラニング技能士
宅地建物取引士

大学卒業後、信託銀行に就職、人事部配属。宅地建物取引主任者の資格を取得し、念願叶い不動産部で働くも、お客様と銀行のハザマで苦悩する。「この人、この不動産買っても大丈夫だろうか」と思っても言えなかった罪悪感がその後私をFPへ導いてくれたのかも。信託銀行退職後、イベント会社、不動産コンサルティング会社を経て、1996年、ファイナンシャルプランナーとして独立。2010年まで女性3人で活動、年間300件の相談業務を行う。
2010年より金融デザイン株式会社(旧株式会社マネーライフナビ)の取締役。長年、個人のお客様の声を直接聞いてきたからこそ作れるコンテンツ作成を、個人向けには失敗しないためのお金の知恵を学ぶオンラインサービス「お金の知恵アカデミー」を展開中。

【主な著書】
「住宅ローン」賢い人はこう借りる! (共著、PHP研究所)
「マイホーム」賢い人はこうして買う! (共著、PHP研究所)
損害保険を見直すならこの一冊(自由国民社)
自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本(自由国民社)

【運営サイト】
お金をためる・ふやすで失敗しないための3か条を学ぶ「お金の知恵アカデミー」発信の「1分で身につくお金の知恵」を掲載。
https://okane-chie.com/

著者紹介

株式会社MKM 代表取締役
宅地建物取引士
2級ファインシャル・プランニング技能士
管理業務主任者
賃貸不動産経営管理士

1970年千葉県生まれ。住友林業株式会社、家業の建設会社でもある三上板金工事 有限会社、個人向け不動産コンサルティングを行う株式会社さくら事務所、中古 リノベ事業をリノベ不動産として展開する株式会社WAKUWAKU、総合資格学院の宅建講座の宅地建物取引業専属講師を経て、株式会社MKMを立ち上げる。資格予備校にて宅地建物取引士試験講座の宅地建物取引業法専属講師。個人及び法人向け講演および執筆実績多数。

【主な著書】
損害保険を見直すならこの一冊(自由国民社)
自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本(自由国民社)

【運営サイト】
宅地建物取引業者向けに中立的な第三者として、取引の安全性を図るエスクローサービスに取り組んでいます。
https://mkm-escrow.com/

著者紹介

連載自然災害に備える!火災・地震保険とお金の基礎知識

自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本

自然災害に備える!火災・地震保険とお金の本

石川 英彦,高田 晶子,三上 隆太郎

自由国民社

災害時に身を守るのは「お金」です。 本書は、「お金のプロ」と「建物のプロ」が、火災・地震保険の正しい情報と、経済的リスクへの対策を紹介しています。 1章では、Q&A形式で火災・地震保険の仕組みや手続き、保険金支…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧