税務調査官の大誤算…亡父の残したメモで息子が救われたワケ【弁護士が解説】

税金の申告で、税務当局から指摘が入ったとき「おかしい!」「間違ってる!」と思っても反論できない。そのような現状を問題視した弁護士の北村豊氏が執筆した『争えば税務はもっとフェアになる』(中央経済社)より、一部を抜粋・編集して、財産管理メモが有効である理由を説明します。

税務調査官が目を付けた「5000万円」の動き

財産管理メモを武器とした事例 国税不服審判所裁決平成30年8月22日

 

■納税者が取得した財産

 

今回の納税者は、お母さんと息子と娘です。お父さんは、平成26年12月に亡くなり、納税者3名が相続人となりました。

 

ヒトは、相続により取得した財産に課される相続税を、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に申告して納める必要があります。そこで、納税者3名は、お父さんからの相続により取得した財産について、相続税の申告をしました。

 

問題となったのは、昭和62年6月から平成4年7月までの間に、息子名義の預金口座に入金された合計5000万円のカネの取扱いです。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

このカネは、主に、上場株式を購入するために使われました。そして、購入した上場株式は、お父さんが設立した資産管理会社に対し、息子名義で出資され、資産管理会社から息子名義の株式が発行されました。

 

この預金口座の預金通帳と届出印は、平成2年から平成18年までの間は、お父さんの自宅の金庫に保管され、預金通帳の記帳はお父さんによって行われていました。

 

しかし、平成18年からは、息子が、この預金口座の預金通帳と届出印を、息子の自宅で保管するようになりました。資産管理会社は、平成13年以降、株主に対し配当金を支払っていました。

 

ヒトは、ある年に稼いだ所得に課される所得税を、翌年の3月15日までに申告して納める必要があります。そのため、息子は、少なくとも平成21年分以降は、資産管理会社からこの預金口座に振り込まれた配当金を自分の所得に加えて、所得税の申告をしていました。

 

息子は、自分名義の資産管理会社の株式は、自分のものだと思っていました。したがって、相続税が課されるお父さんの財産には含めていませんでした[図表1]。

 

[図表1]
[図表1]息子からみた財産と家族の関係性

 

【5/28 関連セミナー開催】
10年間「年10%」の利回り保証!「ベトナム初・5つ星スパリゾートホテル投資」の全貌

DT弁護士法人 弁護士・税理士・ニューヨーク州弁護士

税務をもっとフェアなものにするために、毎日、税務調査対応・再調査請求・審査請求・税務訴訟の争い方を指南している。過去には、税額ベースで100億円以上の減額を勝ち取ったこともある。
長島・大野・常松法律事務所(2000~2009年)、金融庁金融税制室課長補佐(2009~2012年)、EY税理士法人(2012~2013年)を経て、2013年に日本初のBIG4系法律事務所としてEY弁護士法人を立ち上げた(2013~2017年)。
その後、デロイト トーマツ税理士法人(2017~2020年)を経て、現在はDT弁護士法人のパートナーを務めている。京都大学法科大学院非常勤講師として税法事例演習(2010~2015年)も務めた。税務と法務に関する論文を多数発表している。

著者紹介

連載「争えば税務はもっとフェアになる」税務当局との戦い方

争えば税務はもっとフェアになる

争えば税務はもっとフェアになる

北村 豊

中央経済社

「おかしいぞ!」「間違っとる!」 税務当局の指摘に納得がいかない納税者から、毎日、怒りのご相談が寄せられます。 その原因のほとんどは、事実の違いです。納税者に関する事実と、税務当局が把握した事実との違いが、怒り…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ