平均月給41万円「国家公務員」大企業並みでも給与に不満感

エリートで安定しているイメージが強い「国家公務員」。しかし人事院が発表した、国家公務員に対する意識調査からは、イメージからかけ離れた実態が見えてきました。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

民間企業に合わせて決められる、国家公務員の平均月給

6月9日、国家公務員の人事を管理するしたりする人事院が、国家公務員の業務状況等の報告を行いました。

 

資料によると、令和2年、国家公務員25万3132人のうち、一般職にあたる行政職は14万2236人。給与は全職員の平均給与は41万6203円で、行政職(俸給表(一)適用職員)に限ると40万8868円でした。

 

国家公務員をはじめとした公務員の給与は、民間との乖離をなくすため、毎年「職種別民間給与実態調査」で、公務と類似すると認められる54職種に関する平均給与等を調査しています。

 

国家公務員…高給取りというわけではありません(※画像はイメージです/PIXTA)
国家公務員…高給取りというわけではありません(※画像はイメージです/PIXTA)

 

たとえば「初任給」。民間企業の給与をもとに、大卒程度(2級1号の場合)であれば月額22万9240円とされました。

 

【民間の職種別、学歴別、企業規模別初任給】

●新卒事務職員:大学院修士課程修了

「企業規模500人以上」23万1667円

「企業規模100~500人未満」22万1309円

「企業規模50~100人未満」22万3866円

 

●新卒事務職員:大学卒

「企業規模500人以上」23万4160円

「企業規模100~500人未満」22万5378円

「企業規模50~100人未満」21万9311円

 

出所:人事院『令和2年職種別民間給与実態調査』より

 

また手当含めた月給に関しても、以下のような結果をもとに、民間企業の平均を顧みてすべては決められています。

 

【民間の職種別、平均年齢及び平均支給額】

「支店長」776,265円/53.1歳

「事務部長」694,600円/52.8歳

「事務部次長」632,648円/51.6歳

「事務課長」588,606円/49.1歳

「事務課長代理」570,942円/46.8歳

「事務係長」461,263円/44.8歳

「事務主任」388,202円/41.3歳

「事務係員」328,464円/36.8歳

 

出所:人事院『令和2年職種別民間給与実態調査』より

 

調査対象の民間企業が、企業規模、事業所規模50人以上とされているので、国家公務員をはじめとする公務員の平均給与は、ある程度の企業規模以上ではありますが、大企業と同等か、それ以下というのは確実。国家公務員といえば、どこかエリートのようなイメージがありますが、給与体系はガラス張りなうえ、大企業勤務の同レベルの会社員ほどはもらっていない、というのが現実のようです。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!